【同郷、同窓、同業】



ビジネス戦略戦術講座 実践自己啓発プログラム(講談社)
をチラっと読んだ。人脈作りの手法の巻にあったのだが、
日本人の特性として、なかなか外へ出ないことがビジネス
で、損をしているとある。

日本人サラリーマンのネットワークとは
1)同郷
2)同窓(同級生)
3)同業
というのが、3大基本ネットワークである。しかしながら、
ビジネスとして成功したいのならば、それ以外のネットワ
ークをいかに作るかである。これを私は読み、パっと本を
閉じてしまったが、確かに、

1)異郷
2)異窓(異年齢)
3)異業種

へ広げていく必要性はあるだろう。では、どうやって?そ
の人たちを探すのか。いきなりのアポイントは確かに、難
しいが、結局、その日本人の特性を活かし、同郷・同窓
・同業を頼りに、異郷・異年齢・異業種へ広げていくのが
やり易いのだろう。長所やまず、短所へのワンステップと
して利用するといい。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply