【量が質に変わる の具体性 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長

しつこい言葉だが、理解しているようで理解していない言葉。
「コミュニケーション能力を高めよ」に続いて第二段、笑。
「量が質に変わる」漠然と量を想定していた自分にちょこっ
と嬉しい出会い。


本日、新幹線の中で「読書力(斎藤孝)」を読んで思った所
感である。読書力があるかないかは、一定の知力や教養があ
るかないかでわかる。では、知力教養をつけるために、読書
力をつけるにはどうしたらよいか。それは、新書で50冊、文
庫系100冊読んでいるかどうかだそうだ。そして、なぜ文庫系
100冊かという根拠は、実際に斎藤氏の出会った人たちで、文
庫100冊読んだことがあるかないかでは、決定的に知性教養が
違うという。さらに、この100冊は、最低でも4年間で読む必
要があるとと期限提示が書いてある。100冊をこの期間内で読
めば、「量が質」に変わり、「技」となるとも書いてある。

こんなことを100冊が本当にその基準かどうかを統計的に調べ
る必要はない。圧倒的読書量を誇る大先輩がそういうのなら、
一度、信じてみたい。もちろん個人によって能力が違うが、量
が質に代わるひとつの基準を提示してくれるのは究めて、動き
やすいと思った。


・文庫100冊        (量の具体提示)
・四年以内(1ケ月約2冊) (期限の具体提示)


~事例編~

○ピアノ時代
 毎日必ず最低一日2時間の練習する
 よく先生にいわれたなぁ

○吹奏楽部
 腹筋30秒以内に30回以上 毎日

○サッカー部時代
 グランド10週○分以内 3ヶ月で達成せよ  
 基礎練習(キック、ヘディング、シュート練)


○研究室時代
 論文 一ヶ月で○本読む
 既往文献 1ヶ月で○冊読む
 (してないけど笑)

○コンサル修行時代
 量、チラシ作成枚数、受注量、
 ほかに色々ありそうだが具体適量・期限ををどうしよう。
 
何においても「具体的量」と「期限設定」、そして、「実行!」
が全てということか。
スポンサーサイト
編集 / 2005.01.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ