【電話の枕詞にメッセージ 岡山視察】
カテゴリ: マーケティング/営業

本日、3件の工場視察&ヒアリング。

もっと若いころ、中学校、高校時代にこれを見て学んでいたら違
った人生があっただろうと。パン工場と日産座間工場しか記憶
にはないが、もっとものづくり日本というならば、工場(工房)
への接触回数が少なすぎるなおと実感。

さてそれは余談。工場を見ればわかるようになった経営力。

丸太の仕入れ先別に色分けをしている某製材会社の原価管理。
外材利用の集成材工場では、強度別に5段階の色分けを木材に
施し、その順番で外側から強く内側に弱くを繰り返しで重ねて
集成材とするなど、工場を歩くことでさまざまな会社の工夫が
一瞬で見て取れる。工夫といっても


①商品力(品質)の強化と
②原価管理(数字)の強化


である。


工場ラインにおいて、製材業で大切なのは、ひとつ歩止まり(
ぶどまり)という専門用語があるが、歩止まり(丸太から製品
になる体積の割合)を上げる工夫というのも、経営者の数字意
識の差も工場を見て、ヒアリングするとすぐわかる。

さらに、バイオマス発電については、銘建工業株式会社さんの
先進的な取り組みはもう日経新聞にも何度かとりあげられるほ
どである。アポなしで伺ったのにもかかわらず、さっと工場案
内をしてくださったのも会社に感謝である。


「こんにちは!たまたま通りまして」
「御社のことは木材利用の先進会社として、
 いろいろと存じ上げておりまして
 大変申し訳ございませんが、工場を少しみたいと思いまして」
「船井総合研究所の古川と申します」

「あ、はい、存じ上げておりますよ。どうぞ」

「え?僕は有名人?」なわけがない!!

「船井さん」のチカラである。

案内なんてしていただけるわけがないと思っていただけに、う
れしかった。木材業界以外では工場を見るなんて技術漏洩にな
ろうが、見せ放題である(ほんとか?)10分ほど案内してく
ださったが視察対応に慣れていらっしゃった。「本来なら社長
の中島が案内するべきですが今日は出ておりましてすみません」
といわれあまりに恐縮。何百億円企業なのにである・・・。


ご対応いただけた後、私の小冊子とセミナーの案内と名詞
とを渡した。名刺に関しては、「二つ下さい、社長にお渡
ししますので」といわれたのにも、一流さを感じた。(→
私もお客様に会い、名詞をもう一枚ください。上司○○に
お伝えしますのでという行動をしてもよいのだなと大いな
る学びだ、まぁ私が社長に名詞をなんてことはないが)


さて今日、実は一番お伝えしたかったのは、まったく別の話だ。
準備不足もたたってか、岡山駅には24時間のレンタカーがほ
とんどなく労を要した。レンタカー屋の看板はたくさんあり、
24時間営業はすぐ見つかると思ったがなく、無駄足を運んだ。

今日の予定では、どう考えても岡山駅には21時を過ぎるので、
なんとしてでも23時までやっているところをと歩いた。親切に
もトヨタレンタカーさんが「○○さんは24時間ですので」と
場所を教えてくださった。むかし中学校時代に「マクドナルド
の店員に、ロッテアはどこですか?」と聞く×ゲームを思い出
した。目の前にあるのに・・・。これは無駄話。


さて、そのレンタカー屋さんで受付しているときだ。



「お電話ありがとうございます。
 24時間営業の○○レンタカー、岡山店△△でございます」


と対応していた。へぇっと。○○レンタカーだけでよいではな
いか、いや違う。他社との違いを明確に電話の枕詞につけてい
たその対応。24時間営業を探し回った私としてはこれまたそ
の対応に、なるほどな~と感心した。(振り返るとあの会社も
あの会社もそうだな~って)

結局、一日色々と工場を見て回ったが、一番記憶に残った学びは
実はこの接客力(電話対応)であったのだ。みなさんの会社、電
話の頭に身近なメッセージをつけるとしたらどんな言葉ですか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡山県真庭市は進んでる!
 工場見学を踏まえた
 バイオマスエコツアーという観光企画もあるほど。
スポンサーサイト
編集 / 2007.05.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ