【5分で探すよ】



できる人シリーズ第○弾。今日はセミナーテキスト作成時に、
とある住宅着工に関するデータがないかと探していたのだが、
東京のYさんがもっているだろうと内線電話(といっても東京
大阪のホットライン笑)をした。



「悪いけど、○○のデータないかな?」

「あるよ~。すぐデータわたそうか?」

「おう・・・ありがとう。
 ってかエクセルデータでないかな?
 注文が多い料理店ですまん・・・。」

「ん!?どこいったかなぁ!?」


 そのときである。
 即座にこういった。



「OK!5分探すよ。なかったらごめん。」


という返答にサスガと感じたのである。


たいしたことない話と
いえばソレまでだが「あとで送っとくよ」とか「明日までには
送るよ」でないのだ。さらに「なんとかしてでも探し出すよ」
といわないところも僕にはピッタリカンカンだった。


・相手の時間を使っているから私は申し訳ないと思っている
・人が精魂かけて取得したデータをすぐにもらうので恐れ多い
・その程度のことで大いなる時間を費やしてもらいたくもない
・そうはいってもお互いの仕事の状況を理解している
・そのデータの重要度(非重要度も含む)も相互でわかっている



そんなことで「5分」と期限を自ら宣言することのカッコよさ
に仕事の出来る感を感じた。ようするに、「今日中に送るよ」
とかでないところが僕はビビっときたし「その程度で一生懸命
に探してもらっても困る」わけで、更に言えば、その即時処理
の真髄も、相手の仕事と自分の仕事の時間を大切にしてくれて
いる感を得られると非常に嬉しいという気づきだった。


1)相手の仕事の重要度を理解する
2)こちらの誠意を出す
3)お互いの状況を把握しながら
4)みずから即時処理(その背景に整理力か)
5)それも「期限宣言」

さすが。

最後に。


そして、3分もしないで、再び内線が「あったよ!ちょっと
これだと多すぎるから、この3つを送るよ」といっても予想
以上のデータも送っていただけた。常に学びあり。そしてあ
りがとう。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply