【20年前のサンマの化石】


全体会議。

「198×年、4月
 船井総研に入社し、自分を高め、一生懸命仕事に邁進いたし
ます。(略)そして、S専務のような素晴らしいコンサルタン
トになりたいです。」

と若干恥ずかしそうに赤面しそうになった大先輩のOさん。実は、
Xさんが読み上げたのは、それはOさんの20年前の入社時の作
文であった。


「整理って何ですか?捨てることですね。いや~、GWに色々
と整理していましたらOさんの昔の作文が出てきまして、読み
んでみました笑」


ふと「20年前のサンマの化石」という児童文学を思い出す。

確か小学校の教科書に載っていたが、化石が好きな子どもだっ
たかがサンマを自分の庭に埋めて化石になるのをずっと楽しみ
に待つといった内容だったか。

子どもながらにサンマが化石になるもんかという想いもあった
だろうが、何か、忘れたくないもの、忘れられない想い、そんな
ものが自分の脳裏に漂って残っている。

(誰か、私も読んだ!詳しく覚える!って方いませんか?)


2000年に向けてタイムカプセルというものが流行ったが、
過去の掘り起こしというのは面白い。20年前のOさんの作文。

会社に入り20年後なんて殆どの方が想起していないだろうし、
目の前の仕事、せめて3年後くらいしか考えていない人が多い
中、Xさんの笑いを誘いながらかつウィットに富み、含蓄
ある過去と将来とこの会社についてのお話に感謝。Oさんは多
いに船井総研へ結果を残され、書籍も多く出版し、20年前の
想いを達成されていてカッコよくも羨ましくも思う。


私も自分の3年前の入社時の作文でも読んでみたくなった。


部署会議で2年目になるある社員の相談事に、Iさんはこう応
えていた。


「みんな入社時(入社前)にはね、○×さんのようになりたい!
   とか ○×さんを抜く!とか
   日本の△■を一番にしたい!!とか、豪語するんだけどね、
     入社して1~2年くらいでおとなしくなっちゃう。
何もホラ吹けとか、でしゃばれという意味じゃないけど、
     若いんだから、無茶というか、まだまだ大きくでないと。」



確かに入社前、入社時にはなんだか夢も一杯でホラも吹いた経
験もあろう。もっとある意味エゴイスティックに、オレが一番
になる!オレがこの世界を変える!あの上司を抜く!とか若い
がゆえの突っ走りをもっともっと。

さて、みなさんの入社時の作文(その頃の想い)はいかようだ
ったか。なんかおとなしくなっちゃってませんか?自分に対し
てもいえることですが、感謝。OさんOさんIさんありがとう
ございました。        


20年後、思い出の
サンマの化石か、腐ったか。

スポンサーサイト

Comments 2

川北亮司

突然、ごめんなさい。

偶然見つけました。
なんだかうれしくて、つい…。

「20年前のサンマの化石」の作者本人です。
くわしく覚えてますよ。(笑)

2013-10-05 (Sat) 05:57 | EDIT | REPLY |   

古川大輔

Re: 突然、ごめんなさい。

川北亮司様
このような素晴らしい文学をありがとうございます。
また書き込み直接ありがとうございます。
児童文学って将来に教育にすごく影響するんですね。
小学校の国語の思い出のベスト1です。
> 偶然見つけました。
> なんだかうれしくて、つい…。
> 「20年前のサンマの化石」の作者本人です。
> くわしく覚えてますよ。(笑)

2013-10-08 (Tue) 16:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply