【政治とテレビの既得権益】



本日、4日、みのものた司会の朝ズバで、田中真紀子さんが、
今回の福田総理の辞任劇についてコメントをされていた。相変
わらずの知識、皮肉、教養、揶揄、機知、笑顔。たっぷりに、
楽しかった。みの氏の凄い突っ込みも「あら~、そういうこと
やっぱり聴いちゃうの?」なんて、普通なら神経尖らせてプリ
プリするところ、このあっけぴろげぇなところがいい。好感触
だった。あれだけ政治界にメスをと、ガンガンとテレビで盛り
立てながら、真紀子さんの筋はなかなか通っていたと見えた。



その最後にである。



「今後、国民は、どうしたらよいでしょう?」(アナウンサー)


「まぁね、
 みんながテレビを見ないで、
  テレビなんかさ、見ないで、
          自分でし っかり情報を収集して、
               きっちり考えることですよ。」

そんなことをいった。




そのいったあとである。
    


「あ、このテレビは見てくださいね」(アナウンサー)


すかさずだった。



政治の既得権益は壊そうとやっきになるテレビのヒトたちも、
すかさず自分の既得権益は守るセリフに笑いを覚えたのだ。



世間は
欲望と自己保存の本能でうごいていると
家康はこの歳になってしみじみと知らされた。
<関ヶ原 司馬遼太郎>


(三成の伏見城攻撃の後に、西軍三成を裏切り家康に密告
する者が多かったことからのセリフ 関ヶ原)



まずは権益を守る。自分の欲望と自己保存を大切にする。
何もまちがっちゃいない。

さて、テレビ全否定はせぬが、政治(国会議員)との接点が
すごく少ない昨今、やはり政治家のテレビ以外での露出を増
やすことって大切ですね。

朝の大阪のビジネスホテルで笑ってしまった。その後は、長崎
県庁のカタとお打ち合わせ。五島の話、長崎の話、公私混合?
いいじゃないの、すごく楽しく長崎の未来を語った。

本日も感謝。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply