【逆境こそチャンス】


本日は某木材協同組合にて「木材に利益と理念を呼び込むセミナー
第二弾」の講演をさせていただいた。業界は、苦しい、苦しいとは
いうが、いかなることか。そんなことを書いてみたい。


いま、姉歯事件がコトとなり建築基準法が改正され、建築確認申
請の手続きが厳格になり、その対応に遅れ新築住宅の着工が激
減している。激減というのは、数字で知れば激減なのだ。


法律の「縛り」とは、現場で真摯に経営をしている人に大きな
悪影響を及ぼす。国交省の住宅着工統計によれば、昨年の同時
期(4~11月合計)において、全体の総戸数の22%減少し
た。11月までのデータが出たので以下まとめてみた。


新設着工棟       -22.0% (昨年898,273戸)
                 (今年694,460戸)
 
それを構造別に見ると以下である。
           

鉄骨鉄筋コンクリート造 -48.9%
鉄筋コンクリート造   -34.8% 
鉄骨造         -17.0%

木造          -13.3%


業界構造を大きく揺るがしたこの法改正は下請け業の倒産を
多く引き起こした。昨年(平成19年)の企業の倒産件数は、
(データ忘れ)きわめて近年まれに見る多さだったという。

そうはいっても、たまたま私は木材関係の仕事を応援してい
るのだが、「確認申請のせいで・・・」とはいうものの、鉄
骨関係に比べれば全然ましなのである。いや、その法改正の
直接的影響は実際には受けていないとも見られる。外部環境
のせいにして自助努力をしていないで動いていないのではな
いか。今日の講演でも、ある視点でみるとポテンシャル市場
はこれだけあると簡単に計算して提示した。

以前も外部環境に負けない経営というのを書いたが、

①絶対に、回りのせいにしない(プラス発想)
②自分たちの強みを発信し続ける(長所伸展)
③外部環境の先読みのためにもっと研究、もっと開発、もっと商品化(勉強好き)
④夢や物語を創る(商品化からストーリー化)
⑤顧客を自らが創造する(販促力強化、営業力強化)
⑥好きだから憤りがやってくる(好き×憤り=情熱)
⑦まずやってみる。(素直)


これを実行していれば、市場規模がどうこういわずに、
順調に顧客を伸ばしている会社もあるのである。


瑕疵担保補償の義務化
4号建物特例の廃止 

などもっともっとご面倒なことがこの先待っている。とす
れば、今こそチャンス!である。今日の講演後にある方が
こういっていた。


「古川さん、私聞いたんだよね」

「何をですか?」

「とある大手建材屋のイベントにいってね。
 法改正の話とか、現状の市況の話をしててね、
 今、いかにつらいかっていってたら、
 とある会社の30代の営業マンがね、
 「チャンスだ、チャンスだ」って小声でいってたよ。」



厳しいときこそ回りのせいにしない。チャンスなのである。
あきらめた人たちの「ポカっ」てあいた穴もあるんです。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply