【上五島(3)】

080810
■蛤浜(美しい遠浅の海)

今日はこの五島でのとある地区の子供。

ここは家の目の前が海であり、
深さ5mくらいもある防波堤があるところ。

そこに「ナイスばでぃ」はある。

父が公私ともどもにお世話になっていた。
最後、長崎空港まで見送ってもいただいたので御礼をしにいった。

http://www.nice-buddy.com/

080810b
■なおき号 海上の浮かぶ子どもの城


その近くに、上の写真である「なおき号」がある。

近所のおじさんが地域の子供のためにと作った。
地区には同年代の子供さんが、結構いる。

それにしても防波堤の目の前にその「なおき号」があるにしろ、
海に浮かぶ遊具の城。

深さなんと5mほどと。
子供に危険がないだろうかと不安になる。

しかしそこの若い奥様はこういった。

「いえいえ、もうね、
        小さいころから海にほおり投げるんですよ」

そこで、泳ぐというよりも、
飛び込んでも、浮き上がるという、
必須な能力を身につけさせる。

もちろん、海は怖い。
それも教えもしながら、
本当に小さいうちから海を体験させる。


「おかあさん、ゲームが欲しい。」

「え~、いつやるのさ?
       海に行けんとよ・・・」


「そうだよね・・・(あきらめる)」


それほど、子供が海で遊ぶのが大好きになっている。

子供3人の若い夫婦。
ダイビングサービスで経営。

子どもとゲームと海。

海を友達にすることを教えながら、海と過ごす。

海と遊ぶことの幸せを教える。

夏休みもずっと海に潜って遊ぶから、
地区の子供は遠浅の美しい海はつまらないっと、
そういう海には行かないらしい。

たくましい。
たくましくなるだろう。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply