【上五島(1)】


地域活性化というテーマを一本入れて書けるかどうか。

無理かな。今日から4日間、単身赴任先の父のアパート片付け
や会社への挨拶や各種片付けに回る。

羽田空港、スカイマーク、最終便。

お盆前の帰省で飛行機も満席、
そして博多港から五島へと向かう船、太古も満席。

太古においては、
普段イスがありゆっくりと景色が眺められる場所もイスを外に出して、
雑魚寝させるほどの込み具合。


キャンセル待ちでなんとか寝台に乗れた。

雑魚寝の場所は、
船に弱いひとはやはり酔う。
堂々とゲロ用の洗面器がいたるところにおいてあるのは笑える。

「五島列島知ってる?」

と聞いたら誰かがこういった。「それって、国後、択捉?」と。
おいおい、それは北方領土だろというんだ!

下五島(福江島、久賀島、奈留島) 五島市(人口4万4千)
上五島(若松島、中通島)     上五島町(人口2万6千) 

を中心とした長崎県西部地域であり、ちなみに五島列島といい
ながら、中通島のさらに北部にある小値賀島、野崎島、宇久島
や、上記5つの島の周辺の小さな島々約150を含めて五島列
島といい、そのほとんどが西海国立公園に指定されている。

美しき海
美味しい魚
キリスト教会
遣唐使と空海
五島牛
五島椿
五島うどん
石油備蓄

さて、私は太古号が博多港を出てしばらくはデッキに出て福岡の
明りを見て潮風に吹かれつつ携帯電話でも知人にかけたりする。
色々な人と話せること、ありがたい。

           明朝6:00「新上五島町の青方港」に着く。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply