【下積みと中積み】
カテゴリ: マネジメント/自己成長

日テレでお笑いの特集をやっていた。現在のスター的存在の芸
人である、ダウンタウン、さんま、紳助の昔を見て、みな「下
積み」あってこその今であり、色々な登竜門を経てきたんだな
ということを、感慨深くテレビに見いってしまった。

そこでゲスト出演していた「ふかわりょう」がこういった。

「私はね、
あっという間に出てきて、
実は下積みがなかったんです。
だから(最近、売れなくなっていて)
中積み、がたくさんでしたがw」


と会場の笑いを誘った。紳助などは、当時、売れていた芸人た
ちのすべての笑いをテープで取り、収集、分析、ルール化して
いたり、そして、18歳のとき、B&Bに憧れ、B&Bの師匠である漫
才コンビの島田洋之介・今喜多代に入門して、いかに守破離と
しての「守」として、その姿を、まねて、愚直な努力と継続力
でもってして成長してきたか。


そんなとき、その後、相方になった竜介は、じつは同期の「さ
んま」が紹介してくれたという。紳助の例の分析ノートには、
裏面に「1000万円」と手書きで書いてあった。そのころは
傷害事件なんてするとは考えてなかっただろうに・・・。と、
話がずれる。


戻ろう。

時期はいつでもいい。下積み。中積み。作業としての繰り返し。
お笑いのプロを見ていて自分の下積みの少なさを思うと共に、
ふかわりょうのいう「中積み」という言葉を借りたとしても、
現実を「積み」ながら未来を「つむぐ」ことの本気度の違いを
あのテレビの世界に到達したお笑いの彼らを初めて尊敬した。


「自分の敵は自分である」


昨日、Uさんに言われた。力強く言われた。「古川さんの敵は
古川さん自身です。そうじゃないんですか!」といわれた。
積んでいない自分にメスを入れられたらすぐ斬られてしまう。

一週間ぶりのテレビだったが非常に学びが深かった。
ありがとうございます。

日々の積み重ね。
皆さん、一緒に、積むでいこう。
スポンサーサイト
編集 / 2008.07.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ