【天運と地運】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【天運と地運】


運には2種類ある。


それを理解すると、「努力」「変化」「初動」「多様性」「知
力」「事前準備」「能力」「実力」その大切さがわかる。そん
な話。


麻雀といえば、「桜井章一」。桜井章一と言えば、20年間無
敗の男。ヤクザ世界の代打ちをしてきた男。氏は、「雀鬼(じ
ゃんき)」と敬称され、近代麻雀という雑誌等にその打ち方や
生き様が、漫画化され、掲載されている。その麻雀の神様、桜
井章一氏がよくいう。

「運には、2種類ある。天から授かる天運というものと、自分
の努力、自分の力によって引き寄せる地運(ちうん)というも
のとの2つがある」と。



○天運・・・天から授かった運。みな一緒の量ある。
○地運・・・自分で引き寄せる運。自分の力によるもの。



今回、北京旅行で、みんなが協力してイベントを行った。宴会
の出し物である。F君がうまく人を集めて、がんばった。たく
さんのミーティング、事前準備、みなの汗の結集が形になった。

なぜか、振り返ると、運が良かったと思うことが多かった。

借り物競争では、「くじ引き」によって「借り物」を決める方式
でやったが、たまたま、女性四名のレースのときに、「尊敬する
人」「最近変わった人」「伝説を持っている人」「プラチナカー
ドを持っている人」となり、全員が、Iさんを、この腕、あの腕と、
引っ張り合いになり、場を盛り上げてくれた。

ミスコンテスト(女装)での、優勝者予測による商品獲得者も、
あまり知名度の低い社員ではなく、「Oさん」になったり、

様々な進行上に、運がよくことが込んだなと思ったことが多々あ
った。これも、ひとえに、「地運」が与えてくれた巡りであった
と思う。

「地運」これを得るために、毎日たゆまない努力をしたり、ちょ
っと違う行動を起こしてみたり、大切なコトを失わないように、
「初動」を大切に行動してみたり、いつもと違う道で帰ってみた
り、動いて、努めてみるのだ。

運がいいという人は、結局は、多様な場所で、多様な努力をして
いるのだ。みんな確率10分の1という天運をもっている。あとは、
上手な動きをすることで、Aさんが10動けば、運1をゲットでき、
Bさんが50動けば運5をゲットでき、Cさんが100動けば運10
をゲットできるものである。

そこには計算や動き方も当然あるルールが必要だろう。とにかく
一度、桜井章一さんの本を薦めたい。




スポンサーサイト
編集 / 2004.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ