【住育なんてどうかな】


情緒的ストーリーをもっとデザインに、もっと文言に、もっと体で。

それを伝えたい。

今日は時間を創り、新潟県某市へ。住宅見学会と一級建築士
を独占できる相談会だった。ちょっと見学。私の第一印象は、
自分で体感したそのものであり、それを情報として発信したく
なる。その感じたことと売る側が感じさせようというところが
一致していると嬉しくなる。


見える化(情緒的ストーリー)という話しで、住宅で大切なの
は、価格を除いては、安全・安心(構造)とデザインと素材と
そこにシステムキッチンやバスなどの利便性がかぎとなる。

よくある話としては、システムキッチンやシステムバスにかな
り高額で、100万×2=200万強もある。そんなところにかけ
るのであれば、材木はもっと安いんだ(1割)、だから木の家
に暮らそうよという営業トーク(仮想無垢材利用をしていない
ところを競合と考えた場合)。

しかし、これだけでは難しい。


住宅の購入を決めるのはたいていは奥様。奥様の決定権が重要。
すると、どんなに素材がよい住宅を提供していても、最終的に
は奥様が「うわ!いいわ!」と思わせるためにそのシステムバ
スやキッチンやトイレのパワーが非常に重要となっている。だ
ったらそこにお金をかけるのは理にかなう。その構造はわかり
やすい。ニーズもウォンツも訴求している。

奥様が決定権→奥様がよく使うところが住宅では重要→システ
ムキッチンやシステムバスがいいところがいい→そこに必然的
に原価をかけざるを得ない 


でも・・・。


そこでそれ以外に住宅販売のPRはないのか?そこで私は「住
育」というキーワードをと考えたい、その背景は何かを考えさ
せられるような住宅販売を。ただし、それが奥様の心を動かさ
ずでは意味がない。それが情緒的ストーリー。

森林、癒し、香り、空間、そしてそこにある「生活イメージ」
素材をいつまでも素材として提供するのではなく、システムキ
ッチンやバスがライフスタイルを利便性と欲求性にくすぐるス
トーリーで説明するがごとく、素材も、「住育」を裏に秘めて
言葉やデザインに落とす。


しかし、価格主導の住宅が元気だ。坪単価が安いところが元気。
それは価格が家を買わせているのではなく、価格主導の住宅が
営業力と販促力が強いだけである。価格によって見えなくなる
部分を見せていくのは本物を作っている人たちの使命でもあろう。
そう思った一日だった。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply