【河ふぐ】

本日は大阪から林野庁へ。
川上村でご講演なされた、
林政部長とお会いした。

林業、
正確な「コスト」に関しての統一的見解とそのデータがないことから
現場現場の数字やマーケティングを頑張って欲しいと背中を
押していただいた。島田林政部長、ありがとうございます。

さてその後、飛騨へと飛んだ。東京事務所でちょっと仕事をし、
同期や第六メンバーと食事をして羽田へ。富山空港から1時間
奥飛騨へ。

ここでの報告会。「これは素晴らしい、もっと職員全員に聞か
せてあげたい!」と嬉しい。メンバーに感謝です。ありがとう。

さらに。夜は「河ふぐ」を頂いた。ふぐ?いや、実は淡水の
アメリカなまずである。しかしこれは非常に美味しい。なかな
かないお料理も地元の元気なおば様に接客をうけて心も温まる。
開発15年。料理もオリジナリティーに飛んだ河ふぐと山菜。
「河ふぐ」これはなんと知事スキャンダルの筆頭の岐阜県元知
事が命名した。素晴らしいものを残したと地元の人は語り、知
事に感謝。ただ例の事件(裏金づくり)以来、私が泊まった宿
泊施設に天皇陛下と元知事の写真は飾られなくなったとか。

しかし料理については私は舌鼓を打った。もちろん外来種であ
るから養殖であるのだが、グロテスクな外見に可愛い名前をつ
けて、料理長独自の「から揚げ」「さしみ」「しゃぶしゃぶ」
「煮物」は絶品。もちろん田舎の施設、料理長は料理長兼支配
人でもある。

これも詳しく語りたいが時間がない。また今度。
とにかく、ぜひご賞味を!!


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply