【外部環境に左右されない。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



突然ある地区に大学が来た。その学生の活気を期待して、アパート経営や
飲食店経営に力を入れたA地域。そのひとつ青山学院大学が地域Aから撤
退し、学生が激減し、急におのおのの経営の厳しさが直撃している。

全国的に檜の丸太市場価格が急激に下がり、経営が苦しくなっている林業
界。住宅動向から大いに外部環境(市場環境)が変わり、経営を苦しめる。


クールビズという強制的勘違い仮想法案が施行され、右へならへの本質を
追求できない国民のために、ネクタイ業界が右往左往してしまった。


色々な外部環境が変わる。なんとかそれに対して、自らの動きを、それら
に対して抗いたい。

もちろん外部環境をしっかり予測し、先手打って攻めなければならないが
市場や相場というものを予測できない悔しさもある。マクロ経済、ミクロ
経済とキチント勉強していても、たんなる需給のバランスだけでなく、そ
の例外のゴシップや潜在的欲求などが要因にもなり、読めないのは悔しい。
PEST分析をしても、5フォース分析をしても、本当に核たる部分で、
政治家の動き、法律の変化の動きにたいして相当なコネクションがない限
り、僕らは傍観者的にならざるを得ない。

しかし、そうはいってもビール業界のように、どんなに突然に税率を上げ
られても次から次へと国に戦い続けている。郵政公社への厚遇にたいして、
憤りを感じ行動するクロネコヤマトも然りである。


外部環境に左右されずに力強く経営をしていくためのポイントはいくつか
あるだろう。


①絶対に、回りのせいにしない(プラス発想)
②自分たちの強みを発信し続ける(長所伸展)
③外部環境の先読みのためにもっと研究、もっと開発、もっと商品化(勉強好き)
④夢や物語を創る(商品化からストーリー化)
⑤顧客を自らが創造する(販促力強化、営業力強化)
⑥好きだから憤りがやってくる(好き×憤り=情熱)
⑦まずやってみる。(素直)


あるひとつのどうしても追求したいことが私の中で芽生えた。ココでは
大いに宣言できないが、補助金に頼らず、国や自治体の政策に頼らず、
自分が信じた道を突き進みたい。


・投げられたビジネスモデルと
・投げていくビジネスモデルと  どっちが失敗しても楽しいかである。
スポンサーサイト
編集 / 2006.11.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ