【メジャーマイナー(モクモク代表の木村さんより)】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)


本日は、船井総研主催の食育テーマ型セミナーだった。第一講座は荻野
さんが「食育への想い」&「事例」&「推進するポイント」等を話し、
私が10分ほどサポート講演をした。第二講座は、モクモクファームの木村
社長のご講演、第三講座は、まとめ講座で吉崎さんが講演した。


伊賀の里モクモク手作りファーム。
  ・農業と酪農の体験型テーマパーク 
  ・木村社長&吉田専務の二枚看板、元農協職員が奮起
  ・年商38億円(通販10億円)
  ・従業員(パート含む)約300人
  ・年間50万人の来客
  ・立地は農村地域、電車は不便、ただ名古屋から車で1時間半。
  ・朝日農業賞、旅行ペンクラブ賞、環境経営大賞、
     グリーンツーリズム大賞2005など数々の賞
  ・地域活性化の利益&理念の成功事例
  

去年の5月31日に体験宿泊施設ができたとき、私は足を運んだが、木村
社長からは相変わらずの①元気②愉快③信念④情熱⑤理念をまた頂いた。 


そのオリジナリティは「紆余曲折の実経験そのもの」である。


①脱農業!新範疇!新カテゴリーへ!
②同じことはしない、チャレンジし続ける
③事業と運動とは違う
④マーケティングとビジネスセンスは必須
⑤食育はやり続けて必ず損はない


こんなところが、いま東京から新大阪への帰りの新幹線で書いているが、
記憶に残っている。農業も林業も「加工」というところまでいかないと
当然、ダメであり、いかに楽しく快く新しいカテゴリーを作るのかが大
切であるという説も説得力がある。また事業とは利益であり、食育など
運動とする理念とは別であり、食育そのものが、ビジネス的広義に捕ら
えて成功するかどうかはまだわからないとおっしゃったこと。そうは
いっても、通販のノウハウには救われたなど、いろいろな話があった。


「メジャーマイナー」

こんな言葉も恥ずかしながら初めて聞いた。全国的にメジャーであり
ながら、でも実は小さい。質にこだわれば大手メーカーのようには絶対
にならない。なれない。だからこそ、メジャーだが、マイナーだという
地域の人に愛され、チャレンジし続けたい。そうおっしゃっていた。


やはりいる。理念も利益も美しく強い方に。木村社長はそれを、事業と
運動という形で表現されていたが、私は木村社長の生き様そのものが、

「農協を辞めた!!
 新しいことしなきゃって加工事業に取り組んだ!
 だけど最初のころ失敗してさ!
 奥さんに農協職員だったらよかったのにって言われてさ・・・。」


成功者の裏には一杯の失敗と苦労がある。それがずっと耳に残った。
スポンサーサイト
編集 / 2006.11.09 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ