【ある林業製材業社のアニキの退職(とある支援日)】
カテゴリ: マーケティング/営業


朝6時8分。ひかり始発で浜松へ。秋風が吹く、一瞬肌寒い。
新幹線から見える景色、田んぼ、もう稲穂も黄金色になり、
頭がたれている。たいてい新聞を読むが今日は別件の仕事を
していた。浜松に7時45分ごろ到着。もうパソコンの電源が切れ
る。遠州鉄道に乗り換える。新幹線の中での仕事に疲れ、ここ
ではちょっと寝た。終点の西鹿島駅でIさんが迎えに来てくだ
さる。8時30分。

会社へつく。色々と社員と談義をして・・・。

社長との懇談に入った。最近の動向、2日のイベント、アプロー
チブックの利用、最近の数字などを話し、今後の方向性をいま
いちど確認。プロジェクトの枠組みを伝えた。

その後10時からITシステム会社の担当者とお付き合い先の専務
と3人で打ち合わせ。わかりやすく損益計算書に落としこみ、
営業活動がしやすいようにするためにと、システムを変更した。
システム会社の人に会うのは今日が3度目、何度か電話でやり
とりし、ついに今日から、新しい売上管理の方法が始まる。

1)市場への手数料販売と卸業者への販売と共通化
2)「商品」として意識を高めるための製材品の商品分類化

を行い、エクセルでも吐き出せるようにシステムの変更を提案
した。あとは、現場の職員が打ち込み、営業管理に生かせるか
どうかコレからが楽しみだ。

午後は、秋号の情報誌作成に従事し、今後の営業策の方向性を
確認しながら、フランクな会議をして、写真の選定や、文書化
をしていった。

途中、色々な社員からお声をかけられて、「浜松市の12月の森
林フォーラム」のコーディネートのこと、認証制度の会議のこ
となどの打合せをもする。

つい最近新人社員が入社した。18歳と23歳の元気な若者だ。
そのうちの一人にインタビュー。情報誌へ載せる。意気込みや
この会社でやりたいことなど未来を聞いた。話せば長くなるか
ら飛ばすが、若くして林業製材業への世界に熱い想いをもって
入社する。僕が鼓舞されてしまうほど。ありがとう。

中学を卒業し、製材業に入り、岐阜の地元で鍛え、ここへや
ってきた。材木の癖をみぬきながら、機械と人間の勘の調和で
挽くスキルをもう持ちえている。工場のオペレーターになりた
いと夢は熱い。見た目はイケメン。またじっくり会いたい。

まぁそれはよい。

各部署で営業に出て行っている人たちが夕方に帰ってくる。
情報誌の確認、明日の営業案件の確認、そして17時から、
最近の販促についてと普段私が持ち歩いているチラシや新聞広
告やパンフレットをもとに支援をする。

次回の確認をし、さて、急げ、予定の電車で時間がない。

太陽が沈む。送っていただいたKさん。実は今月20日で退職
する。新規開拓で色々と私が提案することを実行していただき
一度「ふるかわ日報」をパクってK日報を送って下さったアニ
キ的存在。


「ごめんね、古川さん、辞めちゃって」


私的なことで辞められる。でも今後も木のことにこだわって仕
事をしていきたいと。西鹿島までの車で語った。暗い空を見上
げると、恐ろしいほどのカラスが電線に止まっている。200匹は
いた。

そんな恐ろしい風景よりも、話題は仕事の話へ。あの天竜川を
渡る陸橋の龍の形をした電灯の景色が美しいが、もう駅に着く。
今後も会おうと約束をする。「古川さん僕をコンサルして」と
冗談で言ってくれた。そんな身分でもない。


橋を渡る頃、ある営業での現実の話をしてくれた。


こないだの売り出し会である工務店さんと無垢材使いたい施主
さんに出会って。その施主さんにいろいろ話しをしてね。すご
く仲良くなってサンプル材も上げて写真も取ってって、そのあ
とさ。その施主さんに地域ストーリーを伝え、そして是非天竜
の材で家を建てたい!!って一緒に写真とりませんか!って言
われてもだ。そんな人に出会ってオレは嬉しかった。だけど、
営業担当者が、突然きてね、一瞬でね、

「いや~○○さん、うちは三河の○○の木を使いますので」

とあしらわれたという話。強い強いニーズ(売り先)があったの
である。エンドユーザーのニーズはある。でも、パイプ(チャネ
ル)は違う。
顧客をつかむこと、チャネルをつかむこと、現実と理想のギャ
ップのこと、語り合った。


西鹿島へついた。握手した。また絶対会いたい。がんばろう。
「古川さん来て楽しかったよ」そんなこといわれた。


ちょっと感涙ものだ。新しい人生、お互いに鼓舞しあいたい。

赤色の電車、遠州鉄道に乗る。ニ車両。静かだ。携帯電話が入
る。携帯電話を見ると着信履歴が電源が切れた。しまった、あ
のお客様に連絡が・・・。新幹線の中でパソコンを開く。今日
の議事録をまとめる。21時着。ご飯を食べ、家に帰り、私的な
申請資料の作成と部屋の片付け、明日の準備は・・・。

そんな一日であった。
さてまた、今日も頑張ろう!
スポンサーサイト
編集 / 2006.09.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ