【運がいいとは何か】



昨日は敢えて結論を言わずに日報を閉めた。あの本に出会って
幸せとはあの踊りだ!(マイムマイムでなくてなんだっけ)
タ、タ、タ~ララ~ララン♪という踊り。前の人の肩に両手を
乗せて、両足ジャンプで二歩下がって三歩進む。これも幸せと
は何かをあらわしているんだ。そう思った。


さて、今日は運がいいとは何かを書きたい。いまあるホテルの
営業課長がAG(代理店)向けの営業を始めた。そのメール支
援で今日思ったのと、たまたまゴミ同然にされていた会社の先
輩の書類をチラっと見てまた「運がいい」とは何かを思い出し
た。


先輩の著を紹介したい。
(多少違います)


「私の高校時代の知人に3年間で100人告白した人がいる。
学校には400人の生徒がいたから、ほぼ4人に1人告白し
たことになろう。自分自身がカッコイイ男でないことはわかっ
ていた。だからこその告白。ある意味もちろんだが、ほとん
どが惨敗だった。しかし、なんとこんなカレにも3年間で3
人の彼女が出来たのだ。それもその中には指折りの人気の子
も入っていた」

・営業で成功するコツ

①数(量)をこなすこと
②自分がもてないことを分析していること
③逃げないこと(あきらめないで前向き)


なるほどと、そんなカレ(この話が本当かどうかは知らな
いが)結果的に運がいいという事実に出会ったのだろう。

「あいつは運がいい」
「あいつはついてる」

確かに、裏マージャンの世界では有名な雀鬼「桜井章一」
に言わせれば、運とは「天運」と「地運」という二種類が
あり、天運は天から授かり、人に平等に与えられ、地運と
は努力で自分の地の元へと持ってくる運という。だから、
地運は絶対に変えられる。のだと。

「いや~よく役マンでまして。」
「すごいねぇ」
「だって。毎日徹マンしてますから笑」


運がいいというのは、絶対的に確率がいいというのではな
く、天運上もつ確率というのは皆平等であり、確率×回数
=結果であるのだから、回数が多いということが運を引き
起こしている。人脈、ビジネス、研究、広がり方が違う。
しかし不思議なことにその回数を高めていると、確率があ
がる瞬間が来る。あれもこれもつながる!という時がある。

これにはすごく納得する。有益な人材に出会えたければ、
とあるグループリーダーは経験値として統計的に逆算し、
だから少なくとも何人と出会う必要があるというアドバ
イスもしていただいた。(栃尾日報より)


私は具体的に、
1)量をこなす
2)たまには、いつもと違うことをする

コレによって運を寄せたなと思うことが多々ある。


小さなことだが、電車に乗って、偶然昔の友達にあったり
することはあろう。「お!偶然だね!」と電車の中で出会
うことがあれば、当然、隣の車両にいて出会えなかった旧
友もいるはずだ。隣の車両に旧友が乗っていたとしても、
ずっと一箇所に座っていたら出会えない。ちょっと電車の
中を数車両歩けば、出会える。(そんな経験実は私は多い)
(こないだグリーン車で稲本に出会えたのもそうか、笑)


ちょっと歩いてみればいいじゃない。
可能性は広がるのだ。

そして、たまに違うことをする。いつもと違う帰路で帰
ったら何か違う発見に出会える。だから、この運がいい
とは この2点が、必須なのである。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply