【8割ゴー】




まだこの仕事のスタイルに慣れない。文書、構成、写真選定、
図式化、とにかくまず8割を作成して動くというこの姿勢。最
初から完璧を求めて、小さな小さなところで悩み考えて動かな
い。実はコレが一番非効率。

大学時代の論文は、ギチギチぎちぎちしっかりと最初から考え
抜き、作品も芸術のレベルまで高めなければという意志が強か
った。

社会人になり「8割GO!」という姿勢が、妥協と見えて、私に
は非常に不愉快だった。「とりあえず、これで動いてやって
みよう」とはなかなか体質的にも受け付けられなかった。

しかしこれが「妥協」ではないこととわかるようになっている。

なんとなくこうすればよいだろうという「仮説」があれば、
動いてみるというほうが重要であり、考えて精査するという
よりも、大事だ。なぜならば、周りが動く、周りが動いている
からだ。

そして8割くらいの完成度で進めば、PDCAサイクルでは
ないが、計画、実行、チェック、改善といった動きもしやす
い。6割7割では完全妥協の世界だが、8割という完成度は、
実行段階でも、実質的であり、市場の中での流動的な動きに
も反応しやすくチェックもしやすいと思う。


とにかく「8割ゴー」が理想だということで、頑固にならず
ズバズバ進みたい。今日の仕事の効率の悪さの自分自身の起
因を分析した反省の日報である。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply