【エジソンと坂本龍馬】




夕食時にテレビがあったので久しぶりにテレビを見た。日本人
が好きな偉人ベスト100だったか、そのような内容のテレビ
だった。そこで第1位が豊臣秀吉、第二位が坂本龍馬、第三位
がエジソンだった。豊臣秀吉についてはアダムスミスの富国論
にもあった競争の原理をうまく利用して城を3日にして築いた
話が取り上げられていたが、エジソンと坂本龍馬で私が知らな
かった話があった。

1)エジソン・・・発明王のみならず、PR王とその資金集め力

・ニューヨークで兵隊行進(大部隊)のヘルメットに
  電球を付けさせた
・マスコミで報道されたくさん売れた
・マスコミへの大げさなプロモーション(開発計画の発表)

など抜け目がなかったという。なるほど単なる開発が強いだけ
ではなかったのか。だからエジソンがエジソンたるゆえんはこ
こにあったかと知る。


2)坂本龍馬
・実は初めて自分の写真を持ち歩いていて名前を覚えてもらう
 (写真つき名刺の走り)
・日本で始めて新婚旅行をした(これは龍馬がゆくにある)

  ちなみに、霧島におりょうと行っているが 
  それを知った後、霧島に行くとあまりにショックな
  龍馬とおりょうの絵の看板があるので行かないように笑。


さて。まとめる。

売り物と売り方とあるとすれば、売り方が上手なものが残る。
この方式はここにもあった。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply