【川で遊んだあの頃のカレ】


奈良県吉野郡川上村。

ただいま村の広報によると人口2004人だ。仙台にそろそろ
届く。違う、千台だ。過疎山村地域の理論と現実。手付かずの
森、天然記念物のトガサワラ原始林ある吉野川(紀ノ川)の源
流地域という売り。日本最古の人工林の記録がある世界に誇れ
る最高級の吉野杉、吉野檜の林業地域という売り。

ほかにはないふたつの売り(理論)と人口減の(現実)

各種の専門家と同席して山林を歩く。ここにかけぬが、森林、
林業関係で日本のスゴイ著名人たちが一挙に集まっていた。

学びのメモには、植物の名前、木の名前を、とある生態系の
プロと山守さんに教わりながら、私は村政や村づくりの視点で、
案内の支援を行った。

急遽時間ができたので、私のわがままで、源流館、川上村役場
もご案内。副村長、企画財政課長、に出会っていただいた。(
K副村長、S課長、Iさん)お忙しいなか大変申し訳ございません
でした。


この日も吉野杉工房によって、川上さぷりの寄ろうとしたがタイム
アウト。1日や2日で川上村が回れるわけないか・・・とご案内した
メンバー(クライアント)にまた来て頂きたいっ、て思ってます。って
、あ、私は町田市民だったw。

最近、実務的、マーケティング的、理論的な話題がまったくない
内容が多くてすみません・・・。


というよりも、私が大学院のインターンのときの遊んでやった
(遊んでくれた)小学校6年生の子が役場職員になっていた!


「古川さん、覚えてますよ~、
川で遊んだときパンツ裏表反対やったのを・・・!」w

自分は年を取ったなぁと感慨にふけってしまったw。写真は
メール日報には添付しましたがウェブでは辞めときます。


080722a
■森林簿をみて経済的に、環境的に山を知る

080722b
■清流の岩肌に咲いていたキレイな花 名は知らぬ

080722c
■トガサワラ原始林 手付かずの森、吉野川の源流です。



スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply