【山陰のプロジェクト】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
080627

■白い浜と青い海美しきプライベートビーチ?
→沖縄ではありません。山陰、島根県、某市
 クライアント工場のすぐ裏、人がいない日本海の海岸

080627b

■旬なアジの刺身
 これがまた安くて、おいシィ!

080627c

■某居酒屋のカウンター
クライアントが納材した山陰の地松





7時30分。羽田空港に到着、満員の出雲空港ゆきのJALに
乗り、8時15分、天気が悪い東京を出発する。メンバーのH
さんとともに飛行機内で打合せをする。

しばらくして
外を見ると、凄く天気がいい。青空いっぱいだ。
JALの「ゆずジュース」がすき。
最近はJRの自動販売機でも売ってる。


そして、あっという間に出雲空港。着陸前には、客室乗務員によ
る「JAL空のエコプロジェクト」についての話があった。航空
各社、燃料代があがって困ってる。そしてこの時流。エコは離せ
ない。


「ただいま、JALは、・・・・・かけがいのない地球を後世に
残すために・・・うんぬん、・・・・エコプロジェクトを推進し
ています」という。これがまた一言一句、まったく一緒、お客様
に宣言&浸透させている。これがブランド価値になる。

内容は、具体的に以下。

http://press.jal.co.jp/ja/uploads/JGN08008.pdf


さて、話を戻す。お客様が迎えに来ていただき、出雲空港から
日本海を走る。小さな製材所である。今後どうしていくか、ど
うやって商品力を高めて、理念力を高めて、営業力を高めてい
くか。そこに業績の目標をどれだけ達成して、方々でネットワ
ークをどう創っていくか。

あっというまの6時間くらいのプロジェクト報告会だった。
内容は割愛するが、業績が2倍になるイメージを共有し具体的
なアクションを提案した。

そして、夜はその日。さっそく地域のWEB会社さんとともに、
ぜひとも一緒に盛り上げていきましょう!と他の会合があった
のにクライアントさんが電話ですぐ呼んで、3社で酒を飲んだ。

我々の提案をみてもらい、実施していくようにと打合せをおこ
なった。このあたり行動力が早い。

さぁさぁ動いていきます、これからですよ、そんな空気に、地
域の会社、地域のグループが色々と連携して、前向きに具体的
に動いていくこと、そんな宣言があった日だった。

山陰のアジはいまが旬。
たまらなく肉厚が有り、美味しかった。

木材を売らず、品質を売る
品質を売らず、空間を売る。
空間を売らず、地域を売る。 こんなステージが必要である。

美しいビーチ、美味しい魚、美しい森林、そして文化建築を支
える美しき木材。知らない地域かもしれない、そんな無名たる
ところが、これから利益も理念も芳醇させて、多くの人たちに
知られていったらこのうえない。ともに頑張っていきましょう!

ありがとうございました。


スポンサーサイト
編集 / 2008.06.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ