スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロシア人とナベアツの林業教室】

数々の植林ツアー、伐採ツアー、林業教室、環境イベントの企
画や支援をしてきたが、なにをいう、参加している自分が一番
楽しかったりする笑。

理念から利益へと繋げる「成功する植林ツアー7つのルール」
なんて支援先にはお伝えしているが、割愛。今日はあくまで我
々は取材。しかし、子供は可愛い。無垢だ。無垢材だ。今日は、
大阪府の小学生が、クライアントの林業教室へと紀伊半島の山
の中へと参加。小学校5年生。




「お~い、おっちゃん! 年いくつぅ!?」

「いくつにみえる?(私)」


「47歳だろ!」「いや、22歳?」


(なんだその四半世紀の差は)



「ねぇ、ねぇ、鼻高いねぇ、おにいちゃん、外人?」


「日本人だよ!」


「う~ん、ロシア人でしょ?ロシア人っぽい」

(なつかしの同期、Sさん、気持ちわかる・・・
         君のことドイツ人っていっててごめん)


「ねぇ、ねぇ、おっちゃんもこのひも引っ張ってよ!!」



(関西の子のおっちゃんてなんか憎めなくて可愛い)



「ねぇねぇ、○○ちゃん!(女の子)
   そこの兄ちゃんの二人のどっちがすき?」


「うぅん、顔だけじゃわからないね!
       性格だね、性格がわからんときめられない。」

「ほんとに~?
  大人になってお金とかいうんじゃないの~?」

「え~、わかんない! それより大人のとき彼氏ほしいわ」


(林業教室が恋愛教室かって、
           5年生の女の子はかなり大人です)


さてさて学校の先生たちが怪我をしないかとひやひやしながら
も、枝打ち体験(木登りだけ)も間伐体験(のこぎりで)も子
供たちは爛々と目を輝かしてて楽しんでいた。もっと楽しんで
いたのは、普段の施業を小学生たちに披露していく社員さんた
ちであった。


「さ~って、準備体操しますよぉ!
      3の倍数は 特に大きな声と大きな動きで♪」

         (ナベアツかよ)
 
「いち、に、 さん!! し、ご、 ろっく!!なな・・・」

ってまた小学生もノリがいい。まぁ僕が5年生のころだったら
いま人気上昇中のナベアツのネタはわからんだろうが笑。そん
な対応をした若手の社員の子供とのコミュニケーション力に私
は腹を抱えて笑え、ちょっと羨ましかった。製造業からサービ
ス業へ、エンターテイナーだな、Iさん!

環境保全、施業、管理、をする若い山仕事人、ホントに面白い。


080612
■準備体操!


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。