【乱闘予告?】



17時から始まった報告会が23時に終わった。なんと22時まで女
性の事務のスタッフさん2名もこの報告会に参加した。「ちょ
っと難しかったですけど面白かったです。」その女性の事務さ
んは明日の早朝から、植林活動の御手伝い(ボランティア)を
して学生さんとちょい仕事をする。高校卒業したばかりのカワ
ユイ感じであるし、もう1名の事務さんもF1が大好きの明る
いオネエさん。とにかくそういった方が仕事をしているだけで
も、この林業製材業界には嬉しい。

さて、報告会。

今回はメインの部分で、「今まであえて避けていた部分も新ス
テージとしてはやっていこう!(秘)」と経営理念に織り込ん
だ。当然すんなりと思っていたら、そうはいくまいだ。戦略の
決定とは、大きなパワーと一体化が必要だ。飲み込めない場合
もある。


「私はこれでいきたい。
 でも皆、本当にこっちの方向でいいの?
  ここでは反対の意見もキチっと出そうよ!」

この某幹部のナビが適切だった。ここでウっと我慢して、じゃぁやるよ
といったのではモチベーションも沈む。きちっと話してこそ、
ぶつかってこそ、いい物ができる。なるほどと思う意見がでた。
ただ、ようは言葉の解釈の問題でだけずれていたものがあった。
そして最後の社長のヒトコトも重要だった。


「それで、やろう」


23時が回った。地元の民宿に送っていただいた。テレビをつけた。

~~~~~~~~~
清原デッドボールに激怒
「今度あったら命懸けてマウンドにかけていきます。
                  (喧嘩売ります)」
~~~~~~~~~~~~~~

ようするに乱闘宣言である。オレは18年間我慢して来た。
その1球で2~3ヶ月を棒にする気持ちがわかるのか!と。
過剰な内角攻めにあってきた清原の爆発。私も思い出した。
大学のサッカー部時代、公式リーグ戦の直前の練習試合で
ひどいファールにあって2ヶ月棒にフッタ。悪質なファー
ルがあった。ルールに乗ってギリギリの反則。

ビジネスも似ている。

静岡県の優良産地で乱闘予告なるものあり。
戦う宣言をしていく強さがあってこそだ。いつまでも受け手
発想、下請け姿勢であってはやや寂しい。デッドボール
すれすれを投げていく勇気と、それに対する反論に面と向
かって戦う勇気も必要だ。

しかし。
楽しみたいのである。
それが大前提である。
ルールがある。
それが大前提である。

結果、どちらにとってもいい関係が生まれる。
それがスポーツである。
それがビジネスである。  共存共生は可能なのである。


あなたは黙っていただけの過去の清原ですか?
これから戦うと宣言する清原ですか?
それにひるまず内角を投げるピッチャーですか?
それにビビって外角へ逃げるピッチャーですか?


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply