【アポなし営業マン(印刷会社)のお話し】
カテゴリ: マーケティング/営業

業者さん(印刷業、運送業、製材業など)を選ぶ基準は基本的
には5つ。


1)品質
2)コスト
3)納期(スピード、時間の正確さ)
4)担当者(人的対応の真摯さ)
5)組織(会社の信頼)


経営の教科書のようで、それでなに?といわれたらもともこも
ない。しかし、自分が自ら業者さん(例えば、製材業、印刷業、
)を選ぼうとすると、優先順位は別にして、頭の中にこの5つ
があることに気づく。さすがに先人の教科書。なるほど納得。
よってそれぞれの軸で他社とどう差別化するのか、項目ごとに
自社の認知をしなければならない。うちはデリバリー(納期)
には自信あり!いや、会社の安定信頼性は抜群でしょ!とか
色々と見て見れる。

ちなみに、上の3つは、英語の頭文字をとって、QCDという。


さて、今日は違う一面を見た。最近お付き合いを頂いている印
刷屋の営業マンさんが、アポなしで私に尋ねてきた。

「近くに寄りましたので・・・」


(おいおい、ついでかよ)
(どうせ、最初から来るつもりだったくせに)


と小悪魔な私がいたものだが、それ以上になるほどと思ったの
は、その担当者が「新しい提案がありまして」といってきたの
である。内容は、割愛するが、印刷の新しい技術が出来て、大
してコストも掛からず新しいチラシが創れるという内容だった。

製造業の提案型サービス営業への流れである。

さて

下請け業者が行う提案というのは意外と元請側にも嬉しい。実
は多くのビジネスモデルとして、印刷業者、看板業者さんなど
の下請けさんが、コンサル的要素を取り入れて、提案型のサー
ビス業へと転化している。

しかし、突然に下請けが元請になることはない。そうではない。
まずは、協業的なパートナーになれることが魅力である。

「なるほど。それいいね、使ってみようか。うちなら、こうア
レンジすることで使えそうだなぁ、いっちょ新しい商品として
やってみるか!?」

林業製材業どうですか?
そういうことなんです。

スポンサーサイト
編集 / 2006.04.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ