【だから利益です】




The hunt is not over until
both your heart and your belly are full.


「Awakening the Heroes Within」という本がある。
その一番最初の文章が上の英文である。日本語に訳すと、

「ココロもオナカも満腹になるまで狩は終わらない」というこ
とであるが、ようするに、理念(社会性)も利益(カネ)もそ
ろってこそ、幸せだということだ。ココロも満タンにコスモ石
油というところか。


利益と理念のバランスについて日々葛藤している人というのは
非常に多い。こんなことしてお金儲けしていいのかな?と思い
ながらそのエゴと戦っている人。かたやオレは社会性が高いこ
とをしていると公言しても利益が無く生活が辛くなっている人。

対して、葛藤していないモノもいる。簡単にいえば、エゴのみ
を追求して自分の金(利益)だけ手に入ればいいという人であ
る。利益至上主義、カネカネ経済カネ経済と連呼する人である。

ヒーローズジャーニーには12の段階があり、EGO(エゴ)から
始まり、caregiver(ケアを与える人)などを経て最後の最後は
FOOL(あの世界)へといくとルール。なかなか面白い英文だが、
枕元においてあり、時間のあるときに読んでいる。出だしを簡
単に要約して紹介しよう。


~~
オナカがいっぱいになると幸せなんですか?
ココロがいっぱいになれば幸せですか?
当然なことですが、ココロがいっぱいに
なることが人生において大切なことです。

そして、最も悲しい人というのは、
ココロがいっぱいになることを知らずに
オナカがいっぱいになっていることだけに満足している人なんです。
成功する人はやはりある程度、決まった段階の旅をするようです。
この本はその人生の旅のステージのそれぞれを書いたものです。
~~~


エゴ(粗利)のみ追求している人、エヴァ(理念)のみ追求し
ている人、バランスよく追求している人、いろんな人がいてこ
の世界があるが、順序ある旅をして欲しいという願いのこめた
本である。

しかし、面白いことに。今の現状でエゴに走ることが許される
世界の人がいる。


1)稼ぎレベルが低いこれから生活しなきゃという若者

2)もともと理念性の高いことをしていてそれを広める人



である。

今日は二人の経営者に出会った。利益を求めるという姿勢はど
ちらも貪欲であるが何か違った。最初に出会った女性経営者は
人生経験として、こんな金儲けでいいのか?と自分自身を疑い、
再起をかけて40歳から新しいことをはじめた。10年かけて開発
した、その農法を世に広げたい。本当に「食」を考えて、いい
農業を伝えたい。それを広げるためにも、この商品を広めたい。
そのためにも、利益とならなければならない。そう断言してい
た。「だから利益です」と。


同じく、岡山駅から先輩の知り合いに出会った。電車を途中ま
で共にした。若くして独立する、利益を得るという姿勢は恐ろ
しく確固たるモノを持っていた。ただし、エゴ目的以外に光り
輝くものが私には見えない。ココロ乾いた若き経営者と見えて
しまった。ただし、カネ取りゲームは大切なのである。僕にな
いものをもっていて「カッコイイ」と見えたのも事実である。

私は、その人がヒーローでなくとも、人それぞれにその「旅」
の何処の路線にいる人なのか。それを最近自分は見てしまう。
初めて出会った人にもそういう視点でみている。だからその辺
りが共感できなければ仕事は一緒にやっても面白くないのだろ
う。それは当然自分自身の仕事スタイルにも降りかかる。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply