【新緑の季節に】


連休も明けて、梅雨までの間。
美しき新緑が映える季節がやってきた。

山林資源の利潤最適化
森林保全の管理効率化

堅苦しい仕事のなかでもやはり
地球環境だとか、二酸化炭素だとか、健康素材だとか、セラピ
ー機能だとか、それでもまだまだ堅苦しい。


ふと山に目を向けると今日は、
ピンク色の「石楠花(しゃくなげ)」が一面に広がっていた。

道行く旅人がカメラを向け、携帯電話を向け、
文化的かつ歴史的な地域でありながら、
毎年毎年、姿を変えずに同じ季節に同じ植物の旬がやってくる。

欲もなく
価値もなく
自然の中で
咲き続けている。

否。


われわれの文化に支えられた
「美的」感覚かつ研ぎ澄まされた精神をお持ちの人たちが、
これらを管理し、残し続けてくれている。

農村、山村、里山、奥山、庭園

自然からの一方通行
人間からの一方通行

どちらもならぬ。
エゴをなくせ、そう教わった気がする。
感謝。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply