【ブレないイイきるトップについていく(みなべ町)】 



和歌山県みなべ町にきた。平成16年10月、旧南部川村+南
部町の合併で「みなべ町」となった。南高梅と備長炭で有名な
地域で、役場には、税務課、福祉課、水道課と並んで「うめ課」
がある。うめでの地域づくりには大いなる雇用創出と意識上の
統一感がある。梅御殿といわれるほど、梅で儲けた農家のご立
派な日本家屋が随所に見られるし、観光名所としても、梅干館
という生産工程が見られるお土産館もあり、大型バス3台が今
日はとまっていた。


さて、合併においてオドロキだったのが、普通は、村町の合併
であれば、文化的にも町側に吸収されるのが多いが、この地域
はまったく反対だったことだ。それは、南部町がとなりの田辺
市に合併するのか、現況のままでいるのか、南部川村と合併す
るのか右往左往していたのに対し、南部川村は合併前から、森
と海とのつながりを考え、梅を押し出した街づくりをしていた
ことから、筋もぶれずに田辺町との合併を決め、また地域を生
かすのも「梅しかない」と言い切っていたからだ。


新首長選挙に関しても、旧町の出身から一般的には「町長」が
出てくるが、結局「梅!」という一本でぶれておらず、旧村の
村長が町長であるにいたっている。やはりぶれないトップには
着いていくのだろう。招待してくださった役場職員のかたも
この町のそのリーダー「山田五良(ごろう)町長」を大敬愛
している。

長(旧:南部川村村長)のリーダーシップによって元気がよい
町(旧村)が出来たのですとそう伝えてくれた。梅の営業パフ
ォーマンスも非常に素晴らしいとのことだ。


しっかりと自分を持って
個性を出し続け
背中で見せて引っ張っている

市町村、リーダーが持つ役割の大きさは非常にまた痛感した。
経済規模や人口ではない。筋の通ったパッション、パワー、ポ
テンシャル。ついていきたくなる。


よろしく公論百年俟って玉砕せんのみ
                峠(河合継之助)

また思い出した。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply