【森林木材認証シンポジウム@諸塚村】

宮崎県諸塚村へ。シンポジウムに出る。

森林木材認証。「持続可能」と「トレサビリティ」を認定する林業
基準。世界基準がFSC認証、国内基準がSGEC認証であるが、
その現場の声を聞いた。

FSC認証
SGEC認証 


確かに、現場で広まってきた。ここ諸塚村は、近年の林業とし
ては先進的にFSC認証を取り入れた。最近では、かが森林組合
が取得。静岡県の林業家がSGEC認証を取得。吉野林業の川上村
もSGES認証を昨年取得した。

ただ、まだまだ消費者認知、マーケットシェアは非常にレアである。
シンポジウムも業界内でということで、始まったシンポ。今後は消費
者へと狙っている。

大学の先生、材木連の方、森林組合、行政とある種たくさんの
方が来ていた。ある専門の方からこう教わった。「ヨーロッパ、
特にドイツでは環境問題、環境教育が幼いころから徹底されて
おり、森林認証の商品が売れるんです。」「漁業では世界で12
箇所ありますが、MSC認証というのもあり、ノルウェー沖のサー
モンなど持続可能や環境問題として消費者への認知もあります」


そういった背景がある。日本とは違うという。よって、日本の
人たちにはもっともっと啓蒙(洗脳)して、勉強してもらわな
いと困る!そうでなければマーケットは広がらない。もっと国
産材を!認証制度を!もっと環境教育を!


ん?

それが、エコロジストの叫びである。それが、エコロジストの
エゴ。エゴロジストである。教育は確かに必要だ。しかし、明
日の飯も食えぬ林業地域もある。教育には時間がかかる。


継続的な利益の獲得これからだとおっしゃっていた。

やはり、認証制度があるから買うのではない。○○産だから
買うのではない。魚沼産だからコシヒカリを買うのではなく、
圧倒的に美味しいからである。

「○○産 美味しい!」という順序ではないはずだ。「美味し
い!○○産」という順番であるはずだ。森林認証がISO認証の
ような一過性ブームのようになることは絶対に避けたい。もっ
とニーズへもっとウォンツへ。

「持続可能と健康は美しい。」

ロハスという言葉も一過性かもしれないが、その概念やライフス
タイルはしばらくは続いていくだろう。その中で先進的に業界を
リードしている諸塚村、応援していきたい。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply