【ロースかステーキか】
カテゴリ: マーケティング/営業
地と図の関係のマーケティング理論より


今日は、同期のTさんと西中島で有名な焼肉店(朋苑)へ。入
ると芸能人のサイン色紙が壁中に張り巡らされている。モーニ
ング娘、及川光博、プロ野球選手、俳優さんなど、へぇ、ここ
結構な人が着ているなと。高すぎず安すぎず美味しい。焼肉は
仕入れ力が重要となるが、ここの名物一番商品がまた最高に旨
い。上ロース(1800円)である。


「えぇ?これがロース?」



でてくるとこの肉厚に驚く。確かにロースである。焼肉として
のカタチを逸脱してはいるが間違いではない。ロースである。

ようは、厚さ2cm強のステーキ(生で食べられる肉)として出
てくるのだが、これは、非常にイノベーティブだ。ここの上ロー
スは霜降り肉厚の「ステーキ」なのである。

焼肉屋が出すいわゆるロースが、一般人がステーキと認知し
てるカタチで出てくる。最高の一番商品である。他の肉はいた
って普通の大きさの焼肉である。


①ロース、カルビ、ミノ、タン、センマイ、 
②ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉  
③豚、牛、羊(ジンギスカン)、鳥    


という切り口を考えてみよう。


え?これが鶏肉?と牛肉のようなすき焼きにして出したり、え?
これがカルビ?と思わせて、これが豚のカルビですといったり、
これがジンギスカン?といわせてステーキのようなものが出す
ことは、商品としての魅力を訴求するのみでなく、普通じゃない
感を演出することができる。

ステーキ屋で出ればいたって普通のお肉が、焼肉屋で、ステ
ーキといわず、ロースといって出すところが面白いのである。

すでに我々が名前からイメージする「商品」というものが、本来
は商品源(材料)であるだけであったり、商品としてのイメージ
が先行して、実態のあり方を忘れたりする。

【商品源】
【商品形】
【商品名】

と分けたとしようか、当然これが当たり前と思っているところ
に「確かにそうだ」という部分でもっていく。

トイレットペーパーを売る。でも、ボックスティッシュの形態だ
けど、トイレットペーパーとでっかく書いて、やわらかさの訴求。

一枚、一枚、あなたのおしりに優しさを というキャッチで、ト
イレットペーパーがあってもよいだろうに。トイレットペーパー
でも見た目は、ボックスティッシュ。あるいはウェットティッシュ
でもよいだろう。あのボックスのカタチが鼻水をかむティッシュ、
あの円筒の形が手を拭くティッシュとは限るまい。

そんなこんなで、焼肉屋に行ってトイレに行った時の発見である。
地と図の関係の理論も入っているのだ。


スポンサーサイト
編集 / 2005.12.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ