【UターンとIターン 男女4人対談  】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【UターンとIターン 男女4人対談  】


福井県、とある町にて、

Iターン者2名(女性)
そして
Uターン者2名(男性)との対談を組みました。

お一人は、
奈良出身のライフセイビング日本代表の方で、
世界大会で、さきほど、ポーランドから帰って来たばかりの
この福井県の高浜町の海に魅了されて、移住。

Uターン者2名、それぞれ約10年、町の外に出ていましたが、
戻ってきました。

Iターン者の方々が、
この地域の自然のよさ、人柄のよさに惚れ定住されたのですが、
Uターン者は、
それが日常であり、こんな田舎でてやる!といって
高校を終えたら、町を出られた。

そのUターン者であり、
飲食店バーのマスターであるIさんは、
自分より若い人には、

「一度、この町を出るべきだ」と伝えていますと。

出たからこそ、離れたからこそ、価値が分かる。

4人の共通点は、町が好き、海が好き、自然が好き、
というところですが、

Iターン者の話を、Uターン者が聞くと、

・ホンキでこの人達(Iターン者)は、この町に来たんだ。
・本当に、この町が大好きなんだ。

と知り、

逆は、

・子供の時は、この町に価値を見出してなかった
・本当に、いま地元の町の為に動いているんだ。

と知るわけです。

この対談の企画、意味、意図は、ここで暮らしたい!働きたい!
と言う人の創出にあるわけですが、

今回の発見は3つ。


1.「本当に移住したいというひとは、
  行政でなく、私に連絡をしてくる!」

私は、この言葉が最も印象的でした。
なにも移住窓口、行政窓口などではなく、
誰かに頼ろうとして来るのでなく、
自分の覚悟がある人がきているんです。


2.「食生活が変わる。」

Uターン者は、当たり前の美味しい魚、野菜を、
町を出てから、都市部で暮らし、マズイものを食べて、
地元の良さを知る。
Iターン者は、偏食だったが、なんでも食べられるようになったといい、
毎朝のトレーニング、体を動かす習慣もできた。


3.「子供から学ぶ」

今までは、仕事もプライベートも、
オトナとの付き合いしかなかったっが、
救助隊、ライフセービングということでもありますが、
無邪気な子供たちと日々接する機会があり、
そこから学ぶことが多いと。


もちろんいい話だけでなく
医療課題、交通課題という点もあり、
それこそ行政課題ということがありましたが、

新しい交流、新しい価値が生まれていきそうです。
地域リノベーションということですね。
スポンサーサイト
編集 / 2017.07.25 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ