【資本主義・志本主義】
カテゴリ: 理念と利益

いま世の中は資本主義というより、資産主義。デット(負債)
も含めてBS(貸借対照表)の幅の広がりが、企業のみならず、
人生の価値も決めている。そんなことを言っていた証券会社の
某友人。

俺の資産
奴の資産
どっちが大きいか。

もちろん自己資本比率が高いに越したことは無い。確かに、
有形無形をふくめ「資産」が大きいモノは勝ち組と称され、豊
かな人生を送りやすくなる。それは事実だ。しかし、その運用
を間違えると膨れ上がった人生も破産(破壊)に向かってしま
う。その原点。その恐さ。それはやはり、資本主義。


資本主義とは欲望の制度である。


司馬遼太郎もいう。今日は、同期Yくんの送別会。カレがいた
からこそこの会社で頑張ってこれた。そんな仲間は多いだろう。
いなくなってしまう彼、そうはいっても、材木業でいえば、優
良在庫の償却ならぬ焼却か。資産査定されない人材というもの、
その流出は経営にとって、それはBSでは見えぬ世界。実際は
見えるBSの縮小そのものに他ならない。

でも、個人的なつながりは墓場までと僕は思っている。よく、
資本主義(利益)から志本主義(理念)へという。

もちろん
理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言
である

そのどこのポジションにいて、どこに向かっているかだけが重要
なのである。その自分の軸がぶれていないことが、どこの組織
に居ても繋がっていたいと思える人間関係の大原則だろう。

金曜日のタクシー。


「那覇空港まで」

「お兄ちゃん、いまから、東京帰るの?」

「はい」

「金曜日だよ!?金曜日の夜、沖縄で楽しまないと」

「そうですよねぇ」

「いいよぉ、沖縄はかわいい子も多いし」

「あはは、遊びたいんですけど、明日も内地で仕事なんで」

「え?そうなの?」

「はい、土日も仕事です。」

「今の時代、会社はずっとあなたを守ってくれないよ。」

「あはは・・・」

「沖縄おいでよ、もっと。
 僕はね●●やってて・・・
 あ、お兄ちゃん仕事なにやってるの?」

「経営コンサルやってます。」

 →しばし会話(秘)


「そしたらさ、これ見てくれよ、
       毎月いくらってお金振り込むからさぁ・・・」


とこの先の話は割愛。沖縄ならではの商売をいくつか実行され
ていて、なかなか面白い。個人タクシーで、観光や不動産も手
がけ会社のチラシを僕に下さった。志が沖縄愛に支えられてい
る。いつでも呼んでやぁ。空港降りるときそんな明るい笑顔が
忘れられなかった。名刺ももらった。


沖縄の志、その先の商売の志、とても心地よいおじさんだった。
話は戻る。その同期も別のところへと旅立つ。


同業とか異業とか
会社の中だとか外だとか
競合だとか会社が違うとかじゃないとか

そんなことを思った。かならずコラボレーションできるように、
またすぐ出会える日を夢見て、愚直なまでの成長を同期とともに
約束しあった。
スポンサーサイト
編集 / 2008.04.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ