【 それ、飽きたら、どうしますか? 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 それ、飽きたら、どうしますか? 】


日曜、ワイドなショー(ダウンタウンまっちゃん)
で、ほんっとーに、経営論的に、深い話がありました。

飽きるって何?
ってことを突き付けられたものでした


~~~~~~~~~~~~~~
全英テニスで敗北した選手が「テニスに飽きた」と言って
ニュースになっていました。自分の職業に対して「飽きる」
という発言をどう思いますか?
~~~~~~~~~~

この視聴者からの質問に
各コメンテータがこたえていくというもので、それは相手に
失礼だとか、スポーツマンシップがどうこうとか、話がある中で、
ダウタウンの松本さんは違いました。



「自分の仕事にちょっと飽きるなって、わかるんですよ。

 でもね、飽きてから、本番だ。

 みたいなとこも、ないですか?

 だから、
 楽しんでいるうちは、まだまだかなぁって。

 なんていいますか、
 そうね、さぁ、このマンネリを
 どう楽しむかっていうか。

 こっからかなぁ。

 飽きてからが、金になるぜっていうところはあるし。

 その飽きるの定義も、まぁ難しいんですけれどね。 」
 

そして、最後に、こういってました。


「とにかく、
 そっから、どう楽しむか。
 それが、ホントのもしかしたら、
 プロなのかもしれないなぁっていう・・・。」


そして、
泉谷しげるもつづきました。
有名な曲「春夏秋冬」っていつまでも謳ってて
飽きないか?と東野さんに聞かれたら


「いやいや、ホントに飽きたよ!

 あきたんだけど、飽きてからなんだよね。
 ホントの力は。

 嫌々になってやってるときってのは、
 だいたい、自然に、力 入ってないから

 だけどね、やっぱり、もういいやってみたいになったときに、
 ホントの力が出るっていうか

 いまは、違うよ?!
 いまは、そういうプロ意識が
 完全にできちゃってるから、
 (その飽きたっていう状況をこえたから)
 
 ただ、そのとき(あのとき)はそうだったなぁ・・」


っと深い話がありました。


おそらくこのテーマは、
同じことの繰り返しに、
何の未来があるのかということではないのです。

自分の気持ちで、飽きるということをどう考えるか。

そういえば、商い=飽きないだっていう人がいたなと
思い出したのですが、飽きを超える、飽きないとはなにか。

私は経営者としては、ある意味、時流を読んだり、顧客の先の心
を読むためにも、飽きる力って大事だなって思ってもいたのです。
また社員育成のためにも、飽きさせないというか、日々が楽しく
させるためにどう工夫するかっていうか、なんというか。

でも、なんか、飽きないためにどうするかって
手段と目的で言うと、それを時間軸で、変更して繰り返しているだけで


1.下積み(つらい基礎練習)

2.楽しい時代(仕事が見えて来た)

3.ちょっと余裕!?(飽きが見えて来た)


ってきたときに、

っで、3を終えたら、また新しいことやって、1に戻る?

それをずっと繰り返す?っていう方向ばかりしか
見ていなかったのかもしれません。

もちろん、まったくの新しいことを生み出さねばなりませんが、
3から、4というのがあるとして、
同じことをやり続けてでも、飽きを超えた世界、プロとは何かの世界で、
高めていくこととは何か。

「受け入れること」

なのかなって。

で、番組で、面白かったのはその後、
これらもカップルや夫婦に例えていて、
松本氏が、佐々木アナを困惑させていたところでしょうか。


「夫婦も、飽きてからが、ねぇ、勝負ですよねw」(松本)

「笑い!!」(佐々木)

「あれ?そんなにツボだった?」(松本)


で、次に、飽きから、大きく新しいことに飛びつく前に、
どうやってプロになるかを考えてみました。
大きく2つかなと。


1.無心になり、何も変化をせずに、繰り返し続けたら見えるものがある

2.それでも小さな変化は自分でつくる。
 2-1 中身を変えず、あらたな顧客(人)と出会う
 2-2 中身を少し変えるだけにして、小さな変化をする。


と思っています。みなさんいかがでしょう。
スポンサーサイト
編集 / 2017.07.14 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ