【お客様が、私の部下へレクチャー。】

【お客様が、私の部下へレクチャー。】


弊社は社員が少ないのですが、
ありがたいことに、お客様が弊社の社員を指導してくれる
ことがあります。

それは、主に、

1業界の知識
2社会人としての成長の仕方
3夢の共有(楽しい時間そのもの)

といったものですが、今日も、
熱心なお客様が、大工・木工事の話をレクチャーいただき、
ご自身の過去の経験からくるネットワークのつくりかた、
成長の学び、そして、これからやりたいことといった夢です。

また
「古川さんの付加価値について」
ということで、私が本来いうべくことを、
代わりに言っていただくシーンもありました。


「今日(の会議の内容)は、準備不足で、
古川さんに来ていただいて、
申し訳なかった。」

そこから、
会社の売上、一日の売上、時給換算、
古川がやること、社員がやることの価値の違いを
私の部下に教えてくれていました。

私が言うとあまり説得力無いのですが、
自分とは違う人が言うから意味のあることってあります。
有り難い存在です。

いつも、どこでも、
色々と教えて頂ける人達に出逢ってこそ、
いまの自分があるし、
「3教わったら7返そう」、ということを
コンサル初期のカバン持ち時代から、意識してきましたが
まだまだ、関係性が薄いかもしれません。

色々な人で、若い人をみていくという
社会の循環というか、
近所の子育てというか、

だから、私にとってのお客様の部下にも、
たまたま飲み屋で出会った人も、
教え、教え合う、インプットアウトプットの繰り返しで、
新しい課題解決、いや付加価値創造を
していきたい所存です。

いつも
お客様、ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply