【まちのビジョン、自治の在り方、見られている。 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【まちのビジョン、自治の在り方、見られている。 】

岐阜県は郡上市で、
築150年くらいのリノベーション旅館に宿泊しました。

http://www.nakashimaya.net/html/
WEBページもシンプルおしゃれでいいですね!

特殊なのは、
周辺に飲食店が多いこともあってか、
夕食はやっておらず、

「布団と朝ごはん」

という御シレなライティング看板が印象的。
サービスをぎゅっと絞っていました。

女将さんの曾祖父が建築家だったという話もききましたが、
何よりもまちづくりの事、
人の流れをどうつくるか、を考えていらっしゃるところでした。

話変わりますが、
人の流れと言えば、
京都市北区の北山・中川地区。

本日は、孫ターンをされ、
山のめん処 の店主(女性)とお会いしました。
ご自身のおばあちゃんの家をリフォームされた
古民家の美しい空間です。

【日祝限定】風景もごちそう!
古民家で頂くヘルシーつけ麺「山の麺処」@北区中川北山町
http://kyotopi.jp/articles/wGrGU

こちら参照いただければということですが、
こちら、北海道や千葉からも人が来られています。

(ぜひ行ってみてくださいね)

この方も、
町づくりにおいて、人の流れをどうつくるか、
常に新しいことを考えられており、
今日、2年ぶりにおあいさせていただき、
まちづくりのあれこれの情報交換をいたしました。

で、もともとなぜ、この麺処を始めたのか。

・おばあちゃんちで、子供の頃(夏休みなど)の印象がよかった
・建物がもったいないと思っていた
・町の水、空気が好きだった。

それでも、
市内に住みながら、
いなかに麺処をやろうと思った
タイミングに、
まちづくりの機運が高まっていた時だったため、
自分もやりたいことができたとおっしゃっておりました。


その隣の集落の小野郷地区においても
あるご夫婦がIターンとして移住されました。

大きなガレージが欲しいという理由でしたが、
どちらも共通していたのは、

「まちづくりビジョン」の冊子を読んだ。

http://kitayama3.jp/

ということです。


移住定住を考えていらっしゃる方々は、
ある特定の場所で決めるわけではなく、
色々な条件(例えば、街からの距離、自然条件、物件条件)
等だけで考えています。

だから、○○村に住みたい!と具体的に言う人は少ない。

そして、そういった条件から入り、プラス、
まちのビジョンや自治の在り方をしっかり見てこられる人が多い。

行政サービスとは何か。

弊社が、お手伝いさせて頂いた
まちづくビジョン(京都北山三学区)

http://kitayama3.jp/

こちらのブログも現在しっかり引き継がれ、
私たちがいなくても、更新され、移住定住者が増え、
交流人口も増えています。

まだまだ課題はあると、
本日おっしゃっておりましたが、

川上村に移住したひとも
「川上宣言、源流の村づくり」というビジョンをみて、
ここに来たいと思ったという方も多いのです。


まとめ

・○○という場所選ぶのではなく、条件で動く。
・ビジョンや自治の在り方も見られる。
・行政サービスとして
 PDCAの大切さも見られている。(ビジョンと実際)

この日にお世話になった、
岐阜県郡上市の林業会社も然りでした。

「林業経営は地域づくり」
どうやって交流人口、参加人口を増やしていくか。
古き歴史に、新しい技術をどう
本質は一緒のような気がします。

スポンサーサイト
編集 / 2017.05.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ