スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【「肉」中島南方から 技術と一体感  】

【「肉」中島南方から 技術と一体感  】

29日は肉の日。
大阪は、西中島南方という場所に、弊社オフィスがあるのですが、
「肉中島南方」というイベントを期間限定でやっています。

今年で2回目。
昨年は29店舗でしたが、今回は42店舗。

西中島にある参加飲食店が、
今回は、淡路島産新玉ねぎを題材に、
店舗ごとのオリジナルメニューを一品つくり、
それをパンフレットに載せ、WEBに載せ、メディアに載せる。

全体で一つになって、
西中島南方への総客数を増やすというのが目的です。

42店舗のうち1店舗
燻製バールのお見せによく行っているのですが、
マスターから、お話を聞きました。

1.共通テーマで仲間づくり
2.共通商材でオリジナル製品を
3.共通パンフ、WEBで集客、
4.牽引者は2~3名(42店舗のうち)が
  メディアとのコネがある

等おしえていただきましたが、

結局、これによって明らかに新規で自店舗に来た人が
多いか、少ないかが継続のポイントだろうと
おっしゃっていました。

地域のお付き合いではなく、
ビジネスをするとは何か。
継続とは何か。

私としては、
最終的に自社の
新しい技術開発、商品開発につながれば価値ありかと。

本日は、岐阜県郡上市にて、
ご紹介とコーディネートをすることになった
とある林業者の技術の講習会がありました。

「技術」とは何か

1)心技体、一体のものであり、教育的指導ができているか
2)経営戦略として、位置づけができているか
3)その技術を、売上/コストにどう反映されるか明確になっているか

この3つがポイントのように感じました。

で、点が線に、線が面になろうとするとき、
絶対に負けない技術サービスと
一体感をもちながら教育啓蒙し、広げる世界との両輪を
今日は2点の事例で紹介してみました。


みなさまの
・真似されたくない技術サービス
 (自社の強みとは何か)
・広げていきたい技術サービス
 (一体感と継続とは何か)

皆様のテーマはいかがですか。
では、本日もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。