【東京で、保険セミナーで、かわかみの水。  】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【東京で、保険セミナーで、かわかみの水。  】


私の友人の会社ですが、
「保険業界を教育セミナーで改革する」
というミッションのもと、
保険ゼミナールというセミナーを開催しています。

そんな記念すべき第一回の
そんなところで、
かわかみの水(紀の川/吉野川 源流水)
を使ってくれまして、そこでこんなFacebook
投稿がされました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
第一講座、
金沢景敏氏による
【自分自身との向き合い方~保険屋になったから分かったこと~】

堂々としたオーラと力強いメッセージが皆さんを惹きつけています。

さて、お話は変わりまして、
本日皆様にご用意させて頂きました
こちらのお水。

超プロ=イタンジを目指す皆様に、少しでも”想いのあるお水を”
ということで、奈良県は川上村からお取り寄せいたしました。

川上村は500年以上昔、室町時代から続く吉野林業の中心地にある
歴史ある場所です。

吉野杉と言えば、世界に誇れる日本を代表する国産材。

連綿と受け継がれる、想いが紡ぐ圧倒的な質。ブランド。
その想いをご参加いただいた皆様に少しでも共有できれば…
と考えております。
ご参加された皆様、登壇者のお二方、
そして保険ゼミナールも末永く輝かしく活躍できるように。
http://www.vill.kawakami.nara.jp/source/#4th
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

とこのように、村のホームページのリンク付きで
紹介していただきました。
ありがとうございます!

本日は、そんな川上村で、
とある数字の見える化をしていました。

最近、思うのですが、
経営を数字でしっかりオペレーションしていくに、
以下の3者が必ず必要で、

1.本当に経理の伝票一枚レベルで数字が分かっている人
2.現場の現場で動いていて感じてわかっている人
3. 経営を俯瞰して何が大事な数字かわかっている人

ひとりでこの3つが分かっていることが
もちろん理想かと思いますが、
この3者「簿記の人」「現場の人」「経営の人」を
お互いに理解し合えること。

そして、私のようなものは、
共通言語でそれを理解できるようなサポートが出来たらと、
私は思うのです。

一滴の水を大事にするよう
一円の利益を大事にしていく。

森ではたらく人がいるからこそ、
かわかみの水も続いていくといえるよう、
私は私のちょっとした役割をきっちりやらねばと、思った一日。

過去にわかる限りの情報で、
あとは将来ビジョンにむけて、どういう一歩を作るか。
3者と話して見えることがたくさんです。
スポンサーサイト
編集 / 2017.05.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ