【できるマネジメント】


「できないと思う」と頭の中で一瞬でもよぎったら、一度それ
を強制的に疑うべきである。「できる」と信じることである。
そのためには、ギュッと時間を短縮した目標を設定することだ
が、「できるさ」といってくれる周りの人の存在もあってこそ。

「できないかも・・・」

ここで諦めて辞めてしまうのも、ここでやってやりきっても、
また太陽は昇る。日は変わる。年を取る、シワは増える笑。

やらない?やる?
ちがう、できる?できない?とココロに思う。

どっちがいい?周りの人。特に上司、先輩。どうもマネジメン
ト力というのは不思議なものが必要のようだ。ひとことふたこ
と魔法のアドバイスを頂くと、す~っとできないと思っていた
ことが時間内にできてしまうのである。一人で悩み抱えること
がいかに不毛か。

100を目指すなら
一度20でも30でもつくってみなさい。
それで僕と話そう。

話すと
80くらいに仕上がってしまう。

そして
その後もう一度
ディスカッションすると100になってしまう。

どうもいきなり100を目指そうとすると「できない」君に
なるようである。100への指針(ベクトル)を決めたら、
まず20と30と動いてみる(上司からすれば動いてみなさ
いという)

できるマネジメントの秘訣。
まずは一歩動く、話す、二歩進む、話す。動く。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply