【自立ってなんですか?(人生方程式、情熱方程式、成功方程式)より考察 】

【人生方程式、情熱方程式、成功方程式 】

本日、社員と、
何をもって、自立、向上といえるのか。
そういう話をしていたのですが、
生きるってどいうことを寝ながら考えて、改めて、まとめて、みました。


私がよくいう、
まず、情熱方程式については、

情熱=好き×憤り(コンプレックス)
    →原体験から生まれ出るもの

というものですが、

多くの経営者(あるいは自立した人間)は、
この両方を持ち得ていて、過去の経験を未来の力にしています。

好きこそものの上手なれというものがあって、かつ、
馬鹿にされたり、敗北感を味わったり、悔しかったりの憤りを
情熱に変えていく。

ただ、
情熱の矛先が間違えてしまう人もいます。

それが「考え方」です。

京セラ会長、JAL再建を担われた稲盛和夫氏は、


人生方程式=(考え方)×(熱意)×(能力)


とおっしゃっています。

すなわち、熱意、情熱があっても、
考え方が違っていたら、違う方向に行くし、
能力がなければ、何も世の中に貢献できません。


その考え方というのは、私なりには、
船井幸雄氏の 成功方程式 =(素直、勉強好き、プラス発想)
だとして、

熱意は、自己流ですが、好き×憤りの原体験とし、

そして、
能力とは、学歴とかではなく、
目標をもち、不断の努力の小さな積み重ね、基礎練習にある
と思っています。

素振り、キャッチボール、バス練習、

営業マンでも現場マンでも、一緒で、基礎練習してますか。

わたしは、身近な社員や、クライアントが
自立心、向上心が高くなっていくことが嬉しいですし、
この人生方程式等から、皆様が自分なりに落とし込んだとき、
何がどう具体的なアクションに変えられるか。

まとめ

人生方程式=情熱(好き×憤り) ×考え方(素直、勉強好き、プラス発想)×能力(基礎練習の積み重ね)

というところでしょうか。
これぞ、自立と言えるのかもしれません。

いま、
地方創生、国産材ブランド化、等の仕事仲間や、
研究会のメンバーについてもそうですが、
強い個があって、強い集団でありたいと思います。
プレミアムを事実プレミアム化する。
テーマです。

自立のために、好きなポエム

「ゲシュタルトの祈り」~~~

私は私の為に、あなたはあなの為に生きている

私はあなたの期待に添う為にこの世界にいるのではなく

あなたも私の期待に添う為にこの世界にいるのではない

私は私、あなたはあなた

もし私達が偶然にも出会うならそれは素晴しいこと

もしそうでないのであればそれもまたよし

Byフレデリック・パールズ
~~~~~~~~~~
フレデリック・パールズ(フリッツ・パールズ)
ユダヤ人でもあるドイツの精神科医

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply