【社員旅行 高知旅行  】

【社員旅行 高知旅行】

「悩みごとととは、
 得てしてて自分のいい加減さから生まれるものだ」

父がよく私に言った。
父が日本郵船であったため
家は、家電も車も三菱が多かった。


今日(17日)まで、高知で社員旅行をしている。
今年で5回目。

今回、
高知の桂浜、坂本龍馬像はもちろんのこと、

安芸市へ移動し、
三菱の創業者、
岩崎弥太郎の生家にきた。

ボランティアガイドから案内された、
弥太郎の歴史をきく。

明治6年
廃藩置県後、彌太郎は
船舶運輸の会社、九十九商会の経営を引き受けた。
九十九商会は「三川商会」に社名変更し、
その後船旗の三つの菱形にちなんで「三菱商会」となる。


https://www.mitsubishi.com/j/history/series/yataro/
詳細は、こちらを参照にされたいが、
この高知の土地で、何を想い、どう世界へ羽ばたいたか。

ボランティアガイドのお話と
ファイル(紙芝居)に目が釘付けになった。


6年前の大河ドラマ、龍馬伝がちっと演出が過ぎていて、
竜馬とそこまで仲良くないし、
生家もそこまでほこりっぽくないし・・・
というのを教わったのは余談だったが、

三菱ファン
三菱グループのひとは
絶対に行くべき場所だ。

周りで色々な変化があった。
自分もここで何をしているのかと思うのである。
何かの転機であることは間違いない。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply