【まちおこし、地方分権、地方創生 TVタックル。  】

【まちおこし、地方分権、地方創生 TVタックル。  】

この日曜、
掃除、洗濯、会計処理と、自宅でテレビをつけながらな
一日でしたが、
ちょうど、たけしのTVタックルで、
まちおこしがテーマでやっていました。

まちおこし、地域活性化、地域再生、地方分権、地方創生

どれも若干に定義が違うけど、本質的には一緒です。
色々な、角度から、色々という論者が多いですよね。

大事なのは
① 「自分が一番大事にしたいことから見ること」
② 「自分と意見があわない考えも聞くこと」
そのうえで③「持論」を持つこと。

じゃないかなと思うんですよね。

まちおこし、地域活性化、地域再生、
考えてみると、切り口(見方)は、いくつかあって

1. 地域経済としてみる(今日のTVタックル)
2. 地理学、歴史学からみる(宮口先生)
3. デザインからみる(最近の、雑誌、WEB、デザイン系)
4.資源エネルギーからみる
5.自治、暮らし、からみる。

等、

1980年代、our common future で、
sustainabilityという概念が、特に、
1992年、地球リオサミットから世界に広がったなかで、

グローバルとローカルの意味を再定義しつつ、
外交、国防をもってして、
「持続可能」って何かって言うことを、
いまや、一人一人が考える時代と思います。

それでも、
わたしは、上記
1経済でも、2地理でも、3デザイン を学びつつ、

「林業(森づくり)」からみた、「暮らし」の視点を、

まちおこし、地域活性化、地域再生、地方分権、地方創生

をニューヨークでも、東京でも、○○町、○○村でも、
つうずる持論を、作る作業と、
それを実践していく一つ一つの作動を、しなければと思っています。

それは「森のゆたかさ」「木の面白さ」「事業経営の可能性」
っていうところにあるかもしれません。

家業から企業へというテーマがある中で、
もう一度、どちらのよいところも見直しながら、
この4月、新年度から、始めていきたいと思います。

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply