【宝の情報を気付かず捨てないために。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【宝の情報を気付かず捨てないために。】
~へぇそうなんだ、とか、疑ったりするんじゃなく、何かプラスがあるはずだ。~


人は自分が興味を持ったことは、自ら動きますよね。
ただ、
興味を持たないことは、なかなか動きません。
で、興味を持たないというのはどういうことかというと、
それは、たいてい、ある情報を得てから、興味がないと判断するのですが、
その情報は、二次情報であり、
人の加工した情報で判断しています。

そして、何かを遮断してしまっています。

過去にこう教わりました。

・自分で見たこと、やったこと
・信頼を出来る人が、言ったこと

この2つしか信じてはならない。

この日、
ある事柄に関して、
ある人が、懐疑的な意見を述べました。
私は、「そうなんだ~」と流してしまったことから、
深く自ら調べることはしていませんでした。

そして、興味の目を閉じてしまいました。

しかし、
私のある情報発信から、
それを読んだ方からメールが来て、
具体的に調べてくださった方がいて、
それは「こういう視点でみたら」「こうプラスだね」
という内容でした。

はっとしました。

なんとなく人の話を
なんとなく自分の意見のようにして、
しゃべってしまっていて、興味を閉ざした自分に気づきました。

人の意見を疑いなさいということでなく、
もしかしたら、
違う見え方ができるかも?
違うプラスの価値があるのでは?

そう思って、
「自分で見ていく、やっていく」

その情報を、興味あるものにするか、
すなわち、ゴミにするか、宝にするかは、
自分次第なのですよね。

そういえば、若干話がずれるかもしれませんが、
大学院時代、
既往の研究を鵜呑みにするなとはよくいわれましたが、
今考えれば、ご健在の人ならば、その研究者に会いに行けばいいんですよね。

批判的合理主義になるのではなく、
自ら情報にバリアをはるような思考回路をしないこと。

いいとこ見つけて、うごいてみる。

そういう癖付けが大事ということかもしれません。
教えてくださる人が私の周りにいます、
ありがとうございます。

(そう、要するに自分と違う考えがあるひとを、
 本当に信頼できる仲間としてどれだけつくれるか、
 それがきっと興味の巾、行動の巾、結果の巾になるんでしょうね)

1) 二次情報の中から、プラスを見つける癖付け
2) 見つけたら動くだけじゃなく、不安でも自ら動くこと
3) 自分とは違う気づきが得られる、信頼ある仲間をつくること
 
ということですね。
そのために(人のためになる)情報発信に余念なく。
Give&Giveの精神で。

「常識とは18歳までに得られた偏見のセレクションである」
というアインシュタインの言葉も思い出しつつ・・・。
スポンサーサイト
編集 / 2017.02.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ