【 「難しい」って何?  7つの反省 】

【 「難しい」って何?  】


私は、「難しかった」 と言われるのは屈辱です。

古川さんの話、わかりやすかった!と言われるのに対し、
やはり、難しかったとなれば、それは、一番、
反省しなければなりません。

たとえば、7つの反省。


1 単語(ワード)を平易にする。

2 枠組み(話題の領域)の設定をする。

3 事象(出来事)を分解する。

4 「3つ」あって、「2つ」あって、と先にいう。

5 相手が多数いたら、
聞き手のギャップ(既知の人、そうでない人)を埋める。

6 ゆっくり話す。

7 繰り返す(立ち返る)



この辺りがポイントかと反省です。

お客様から
「今日の古川さん難しかった」といわれたこと、
そして、社員からの指摘を受け、改めて、驕りなくと。

別の言葉で言うと、

1 難しいカタカナ、専門用語ではないか
2 議題が明確になっているか
3 分解して話しているか、因果関係があるか
4 さみだれ式に話していないか
5 聞き手の知識差を確認しているか
6 とにかく早口過ぎていないか
7 再確認をしているか

ということで、チェック項目にしてみました。
できてなかったら、またご指摘ください。
みなさまはいかがですか。
何かご自身で気を付けていることがあったら教えてください。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply