【 ヤマイキ猟師 そして、メディアプロデューサー】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【 ヤマイキ猟師 そして、メディアプロデューサー   】

午前10時、
電話がかかって来ました。

「大輔、お昼一緒にできるかい?
   昨日、捕れたシシ肉食べるけど。」

川上村の友人(ご近所さん)から電話が。

そして、某地区へ。

そこは、吉野川源流、支流の美しき場所。

ドン!っと、横たわっていた。

肉を解体されたばかりに皮だけのイノシシが。

そして、青空キッチンたるまな板の上では、
綺麗な赤と白のコントラストが美しいお肉が
さばかれていました。

支流の谷の入り口の橋には、
大きな鹿がぶら下がっており、
まさにさっき捕ったばかりというもの。

その地区では、
集落で共通の炭窯があると初めて知ったのですが、
カシの木を中心とした隅で暖を焚き、
そのうえで、シシ肉焼きと、すき焼き風と食しました。

「このくらいの大きさ、年齢が、一番おいしいねん」


プロの猟師となると、
足跡の大きさ、巾、角度、深さ、などで、
オス、メス、個体の大きさ、太り具合がわかると。


「最近は、鹿も猪も減ったわ」

「え?増えてるんじゃないんですか?」


そこから戦後の話、そして最近の話、
そして、なぜ里山のほうにはイノシシとシカが増えているか、
ヤマイキのにいちゃん、おっちゃんたちの独自の理論は、
私のような東京出身者を魅了されます。

ご飯が炊けた。

「あれ?しゃもじがねぇな・・・」

炊いたご飯が食べられない。

倉庫から持ってきた、桜の木の板を突然
ナタで割り始めた、おっちゃん。

その桜の板の彫刻を始め、たった3分ほどで、
桜のシャモジができたのです。


さらに、

「桜の木はな、ご飯つぶがつきにくいんや」

そういううんちくも含めて、
ここでイキてきた、暮らしてきたことが伝わるのです。
 
川上村のイノシシと川上村の白菜とで、
味覚はもちろんのこと、すてきな仲間、時間、空間を
堪能させていただいた。感謝。


そして、15時30分から、
アースボイスプロジェクトという
川上村でのプロジェクト報告会ということで、川上村役場へ。

音楽家、映画作家というメディアプロデューサーの榎田 竜路氏による
講演&動画発表会へと参加。

地域おこし協力隊のTさんが
橋渡しをし、そのディレクションを行ったもの。

都会のやり手のクリエーター風な風貌の中に、
どこか、中小企業、地方に対する愛を奥に持ちながら、
デザインとは何かという独自の理論の切り口で、
私の頭にも感じることが多くあり、ドンドンと
そのオリジナルな加工情報が入って来ました。

学びは、3つ。

① 問題解決より価値創造を。

地域が生き残るためにどうするべきか。
消滅自治体という言葉があり、
確かに、人口現象は大いなる課題だ。
そこに、どんな問題があるかを掘り出して、
その問題解決に向けて進むという手法は、
結局、また解決しても新たな問題が産まれていく。
また病院にいくのですか?

そうではなく、
そこにある小さな価値(イイ点)を見つけ、
そこを面白くするところから始めませんか?

という問いかけ。


② 「世の中で、PR、PRっていうけれど、
   まず、自覚が大事じゃないの?」


ということ。

世の中、

考え方を変えましょうっていうけれど。

考え方ってのは、不思議なことに3日経つと、忘れる。
  
考え方は、感じ方に支えられているんです。

だから、その時間、仲間、空間を体験して、動いて、感じていく」

きっと、田舎の人も
交流人口によって気づきが生まれる。
ずっと宮口先生が言ってきたことですね。




その入り口に必要なのが、
デザインである。

デザインとは情報の再編集である。
マッチングの可能性を高める作業である。

上手く地方が儲からないというのは
マッチングが出来ていないという事。

出会いたい人に出会えていないということ。

「川上村に来たい人、
交流人口をふやそうとすれば、
すぐ、1万人くらいくるよ。

たとえば、
大企業の社長は、生存実感ないんですよ。

川上村には、こういうおっちゃんがいる
山で暮らしてきた。

人類史上初めて、死なない人にあったけれど、飢え死にらない。

そういうのが面白い。
私が東京に伝えたら、行きたい
生存実感を持たせない人には、
生存技術を教えてあげればいい。」


とにかく、私の感想は、
16年前に川上村に来た時を思い出しと共に、
それは今も変わっていないという確認ができたことと、

ちなみに、論を先立ててていけば、
デザインをするのは誰かというところになります。

昔は
「田舎」が「テレビ取材班」からアプローチで注目されるだけ。

いま、
ITテクノロジーにより、
自社メディアがこれだけ増えたとき、

・地元のひとがやるのか
・Iターン者がやるのか
・プロがやるのか


今は地域によって異なる、過渡期なんだたなぁと思い、
お昼のシシ肉と共に、一日の学びを振り返ってみたのでした。

最後に、

「もったいない!」

です。

なぜこんな人の話を、
動画関係者と役場の職員と協力隊だけできくのか、
というのも、もったいないですw。
スポンサーサイト
編集 / 2017.02.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ