【「人生ゲーム」は、楽しいか。 】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア
【「人生ゲーム」は、楽しいか。 】


人生ゲーム(タカラトミー)

誰しも、一度はやったことがあるでしょう。
ファミコンがはたったころでしたが、
小学校の頃でも、お金が増えていくのとか、
クルマの上に、家族が増えていくのとか、
銀行の役割とか、楽しかったですね。

今年は、
「空港で人生ゲームやってみた」
というSNS動画(youtube)が広がりましたね。
タカラトミーが作った動画で、
今年、人生ゲームが、8年ぶりにリニューアルして、
広告動画です。

それは、空港の大きな荷物を取る場所で、
自分の荷物を取るとその下に文字が書いてあって、

・金髪美女からお祝いをもらう
・有名人になれる!アツアツな二人に取材が殺到!

等、書いてあって、
実際にそのアクションをして頂けるというもの。

で、最後の人はというと、

・胸いっぱいの愛(サプライズ)をうける

ということで、
ちょっと家族の感動愛のアクションがでてきます。

(ネタバレになるので、あとはこちらから)

 https://www.youtube.com/watch?v=H-BUa0VxnFU
(人生ゲーム「人生に驚きと喜びを」編)


話戻りまして、
その「人生ゲーム」のリニューアルした内容は、
時代に合わせてか、内容が変わってきて

ベーシックステージだけじゃなく、
キャリアアップエリアとか、
ドリームレジャーエリアとか、
スタートダッシュエリアとか、
色々な組み合わせで人生のストーリーが変わるとなっています。


でも、結局は億万長者を目指す!

というのはどうなのかと、先日のとある飲み会(忘年会)で。
話題になりました。

お金はわかりやすい夢の手段でありますが、
それだけでは人生ゲームではないよねと。

何が言いたいかというと、

子供のころに、、
「目指せ億万長者!!」
という価値観の一つを成就してはいけないのでは?
なんていうひとも、

方向性として、

・お金持ちになればいい
・いいモノが買えればいい
・結婚できればいい(するとお金がもらえる)
・子供ができればいい(1人生まれるとお金がもらえる)

など、何か一つの基軸の価値観で、
ある方は、「あの人生ゲーム」というのが、
日本人の価値をひとつにしてきた、ともいっておりました。

(でも、いまは、少子高齢化だから、
夢はやっぱりいいんじゃない!?)という声も。

実際に、
たくさんの資産をもって
大きな家をもって、子供ができても、
自分が死ぬ頃に、子供達が骨肉の争いをしてしまっていいのか、

とか忘年会で話題が広がりました。


だったら、

人生ゲームも第二バージョンとして、

・最初から1億円もってたら、ゴールはどうなる。

 (お金の使い方を学ぶ)
 (稼ぐだけではない事を学ぶ)


というのはどうだろうとか。

・あるいは、
  田舎で、土と共に暮らし、幸せになるとか。
  自分の山の杉が急に育って100年生になるとか。

あなたの人生ゲームは、
どうつくっていきますか?

どういうビジョンをたてていきますか。

スポンサーサイト
編集 / 2016.12.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ