スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【人類未踏峰登頂 という 世界。  川上村、地域おこし協力隊 】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【人類未踏峰登頂 という 世界。  】

この日、
ネパールのナンガマリ2峰という、6~7000m級の
未踏峰登頂を達成した、川上村、地域おこし協力隊の竹中君
のお帰りさん会でした。

http://hanareandinkyo.tumblr.com/
暮らす宿 HANARE 

にて、総勢20名くらい、協力隊、地元住民、役場職員、議員
(ご近所)などで賑わい。

お食事会の中盤、
その死と隣り合わせの山へのチャレンジを(当の本人はそう思っていないが
素人から見るとそう見える)
写真(プロジェクタ)にて報告。

一歩踏み外したら数百メートルの崖のような場所に
高山病対策のことやキャンプ設置のこと、色々と、
教えてもらいました。

ネパールに行く前には、相当な訓練をしていて、
3度富士山に登ったり、北アルプスを
登ったりと、半年~1年チームで練習してようやくの実地へ。

私が印象的な言葉は、これでした。


「行く前のことですが、
 山の訓練をしていると、
 日々の日常でも、クルマの運転などでも
 いかに危険かに気づかされる。
 安全に対して、常に、センシティブになる。」


「帰ってきても、
 (登頂した達成感により緊張感は減るが)
 やはり、改めて、
 日々の安全に気を付け、
 限られた、短い自分の命を、もっと大事にしたいと思う。」 

という言葉でした。

私流の解釈ですが、

村でのエコツアーと
ネパールでの人類未踏峰登頂という2つとの
共通性と差異性の実践の繰り返しで、
彼にとっての「非日常」と「日常」のバランスを、
うまく咀嚼し、新しい自分と出会う旅を繰り返し、
成長されているのをみて、刺激になりました。


別件、面白かったのは、
ネパールのとある山間部の写真が、
川上村のある集落に類似しすぎてて、

「竹中くん、これ川上村じゃないの?
 ホントに、登頂したの?
 アポロは月に行ってない説とちゃうん?」

なんていうよな、
冗談交じりに、いじったり、いじりあったり、
東京に学生時代まで居た私では、なかなかない、この関西
ならではの、ノリツッコミ等も、ここではうまく表記できませんが、
新たな協力隊のX君が入って、より、ユニークでいい空気感でした。

そういう意味で、未来志向の仲間でもある
協力隊+その応援者たちというのは、
いままで(5年前)は、いなかったグループですから、
不思議なものです。

先日、東京にて、総務省まとめの、1年に1回の
地域おこし協力隊サミット、1500人が参加されたそうです。

そのなかでも、他の地域の方は、自分の自治体の不平不満を
よく聞いたという、自分事はどうだろう。

水源地の村、理念だけでなく、
チャレンジできる環境があるということが
自慢で誇りでしょう。


・アースボイスプロジェクト(川上村・栗山村長の紹介)
 http://ev-pj.com/5855/

すてきなWEBですね。

文字通り、有り難い。
そしてそれは自分も然りです、感謝。
スポンサーサイト
編集 / 2016.12.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。