【 林業の価値、多様でいい(FC今治、ファジアーノ、東京ユナイテッドから学ぶ) 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【 林業の価値、多様でいい(FC今治、ファジアーノ、東京ユナイテッドから学ぶ) 】


大学のサッカー部(OBチーム)で、
一緒にやっていた先輩と同期の話です。


そのうちの一人であるYさんが
代表取締役である、
FC今治、
オーナーは元日本代表監督の岡田氏で、。
先日、全国地域リーグを制覇し、JFL(J4)へ昇格しました。

岡田氏のスピリットについては、
Yさんからよくききますが、
上位リーグを目指して練習しているときに、
仲間が緩かったら私ならこう言いますと。


「冗談じゃない。
 もし俺が一緒にプレーしていたらあの横パスしたヤツの胸ぐらをつかんで
『俺の人生をどうしてくれるんだ』と言っている。何が『ゴメン』だ! 
『ドンマイ』だ! お前たちそんな甘い考えだったのか!」

と厳しいメッセージをよく、
チームだけでなく、世の中に発信されています。
なんか自分って甘いなと思うときに、
このマインドを心から取り出します。

(詳細こちら)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161203-00827008-number-socc


おなじく、
私はもちろんのこと、Yさんも尊敬する先輩で、
大学サッカー部OBチームでは私と一緒に2トップをしていた、
Kさんが代表取締役である、ファジアーノ岡山、
昨日惜しくもセレッソ大阪に負けて、
J2からJ1へ上がれませんでした。

しかし、そこで、
こういう話がありました。

「J1の話が出たところで、あえてお聞きしたいんですけど、
木村さんはこれまで「●●年までにJ1昇格」といったことを
一度もおっしゃったことがないですよね。
何か理由があるんでしょうか?」

木村:
「よくご存じで(笑)。もちろん目の前の試合には勝ちたいし、
1年でも早くJ1に行きたいのは選手もスタッフもサポーターも、
みんな一緒だと思うんですよ。では、なぜそれを言わないのかというと、
決して逃げているわけではなくて当たり前の目標なので、
『あえて言うほどのことでもない』という判断からです。
それに、われわれが目指すのは『J1クラブになること』よりも
『将来、日本一のクラブになること』だと思っていますので。」

と、客層を5つに分けてホスピタリティの細分化をしている
独自のマーケティング理論などについて語られています。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/utsunomiyatetsuichi/20161125-00064789/
(詳細はこちら)


さらに、
私のサッカー部同期のキャプテンのFくんが、
東京ユナイテッドFCというクラブの代表をしているのですが、
同じく、その名税理士法人、弁護士法人、コンサル会社も立ち上げる。
学校のコミュニティを大事に、大都会の真ん中で
(いまだ23区内にJリーグのチームはなく)
Jリーグ参入を目指していますが、

「日本サッカーを変えるのではなく、
 日本社会におけるサッカーの位置づけを変えたい。
 クラブの価値は 多様でいい」

とよくいっている彼、
実際に彼のチームには公認会計士に合格した人もいます。
選手が辞めた後のキャリアも考えるクラブチームがあってもいいだろうという彼。
こういったクラブの価値の高め方について、
「あり」だろうと、 金曜は日経新聞に彼のことが掲載されました。

いずれの3人も
元(現在)金融会社ですが、
自分の愛する地域のサッカークラブの経営をされていますが、
彼らから、私も、しっかり学んで、
地域経営や山林経営の手法に答えはない。

多様でいいんだということを自分のなかで
実践していきたいと強く思った次第です。
トータル林業、フリースタイル林業です。

みなさんも
好きなチームがあるように
好きな山がありますかと。

林業(山村)の価値、多様でいい。

その参画方法を地域ごとに具体化していくのが、
私の仕事(志事)です。
スポンサーサイト
編集 / 2016.12.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ