スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【 今の自分は自分じゃないという過去。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 今の自分は自分じゃないという過去。】


岡山県の
佐用駅から姫路駅まで、ローカル列車1車輛のみ。

その車輛、私たち以外、
全員高校生の満員電車にほぼ1時間。
20~30人の学生に囲まれながら、
自分の高校時代って何だったろうと振り返っていました。

私は、男女併学という、2年生までは男子だけで、
3年生になったら女子も一緒の成績順の授業クラスを受ける不思議な高校で、
1学年1600人もいるマンモス高校時代。

あのライバルがいたからというブラスバンドの友人を思い出し、
でも、自分の目標って、自分が決めたわけでなく、
なにか「受験=すべて」の世界で「ライバルに勝つ」
だけの狭い世界観だったなと。

ただ、
その時はその時で幸せだったのかなと思い振り返りました。

その後の大学である意味の自由を得た私は、
蹴球5日が標語の週5回のサッカー部に燃えますが、
現役引退後の20代の前半、苦しみます。

こんな自分じゃなかった
私はなんで大学いったんだろう
夢に毎度、また受験をしている夢を見て、
今の自分は自分ではないということを
必死に作ろうとしていました。

何度も同じ夢を見て
それも悪夢ばかりで、
ブラックジャックを読めば、医学部の受験をしてる夢、
動物のお医者さんを読めば、獣医学部を受験している夢、
Jリーグの試合を見たら、サッカーをやっている夢

はっ!て気づいて、起きても、今の自分が、自分じゃないって
必死に思ってもがき、苦しんでいました。

大学院って時間があって、暇ですし、
自己責任ですから、朝苦しんで寝てても誰もいわない。
だからもう一度寝て、その夢を見る。

しょっちゅうでした。
そのころ大学の同期は、社会でガンガン働いて稼いで・・・

「おまえ、川上村ってとこ行って、楽しいらしいじゃん!」

そう、楽しかった、
でも、自分が何で食うか、見えなかった。

そんな悪夢から完全に解放されたのは、
実は30歳になるころだったかもしれません。


1.自分で選んだ道というのができたこと
  (川上村に自分でいったということ)
かつ

2.それでもその方向の仲間(先輩)から(厳しい指導)を受けたこと
  (船井総研で激務を繰り返したこと)

かつ

3.自分に厳しい世界で「ありがとう」を言われたこと
 (お客様に感謝されたこと)


「あぁ、
 僕はブラックジャックにならなくてよかったんだってw」

自己防衛なのか、強引な納得なのか。
それでも、苦悩と喜びの繰り返し。

すなわち、まよいながらも
「無期限の暫定的状況」から打破できたとき、
現実と非現実が分からなくなる自分というのはいなくなりました。

深夜、テレビをつけました。

明石家さんまの番組で「あかん」か「かまへん」街頭インタビュー


「旦那が、現在の生活を捨てでも、転職すると入ったら?」


ということに、

奥さま

あかん 60%
かまへん 40% 

くらいだっでしょうか、
生活を守るのが大事なのよ!と叫ぶ奥様と
やりたいことをやらない人生はお互い不幸よ!とひとと

若いスタジオの女性が

「パパが、デザイナーの仕事を辞めて、画家になる!っていったとき
 家計が火の車になって、結局、デザイナーに戻ったので
 わたしは、「あかん!」派です」って

未婚の10代くらいの女性がいうのもどうしたものか。

ふと、
また、
夕方の帰路の電車を振り返って、
あの地べたに座った女子高生を見て、
この子らの未来って何だろう。

如何に自分が苦しむかを知らない自分を、
可愛がってあげたくなるものです。

将来の夢なんて大きなものはいらないのかもしれない。
本当の本当の自分は、きっと、もうわかっているんです。
また繰り返すかもしれないけど、それも人生。

8年前に読んだ本
「鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール  野口 嘉則 (著)」
を思い出し、弊社の社員に教えました。
スポンサーサイト
編集 / 2016.11.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。