スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【 「林業女子 ガールズトーク編」国産材ビジネスセミナー 】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【 「林業ガールズトーク編」 】

20(土)、国産材ビジネスセミナー
「林業ガールズトーク編」

初企画、無事に終了しました。
お越し頂いたお客様ありがとうございます。

http://chiikino.jp/blog/?p=6505(詳細は、こちら会社ブログ)
 
ステレオタイプ的な男女の違いとかいうのが好きではない私ですが、
私は10分だけしか話さないというセミナーも初。

社員に任せ、ゼロから企画し、
私が学びを頂くという時間を過ごせました。

内容はまず、統計的な
林業労働者についての女性比率の変化を伝え、
(昭和55年女性比率16.5% → 平成22年5.9%)というところに加え、
造林・伐採・その他(森林組合系)の3つに分類された
男女別労働人口の推移(これは面白いデータでした)を説明しながら、
たくさんの全国の林業女子を事例をいれて紹介し、
時代別や業務別やタイプ別にわけ、
これからの林業が行うべくマーケティング概論を
弊社の岩井が講師として説明。

そして、
ゲスト講師「はぴきゃり」の金澤様。
http://happycareer.jp/

今回のゲスト講師の金澤氏は、過去4回の林野庁における
女性活躍をテーマにした講演実績もあり、Oggi等女性誌の
キャリアに関するコラムで掲載されたり、幅広くご活躍
されています。


結局は

「女性を採用したら儲かるのか。」

という挑戦的なテーマを冒頭に問いかけながら、 

① 「だって女性だから!」という部分と
② 「だって女性とか男性とかは関係ないし!」という部分との両輪があり、
会社の経営マネジメントの視点について、
私自身も多くの学びがありました、ありがとうございます。

数字が苦手で、ロジカルの整理できない
話し好きな女性が多いのは、
女性の脳が色々な紐づけされた過去を思い出し、
一機にいっぱいの検索をしていくグーグル検索と一緒だというたとえ等、
だったら、どう受け入れるマネジメントをするかというのは
普遍的なルールがあり、「受け入れる」という姿勢の大切さを学びました。

今回、私は最後に10分だけ。

私自身の自分の経験も含め
(4年間は社員は女性ばかり)ということに対して
「なぜ、男性社員がいないのか、と過去に言われたとき、
 大学のインターン経験から採用しているが、
 みな男子は辞めてしまって、たまたま女子が残っただけである。
 忍耐強い人がうちにいるだけかもしれないと。」

そして、
ピアノ教室をしている母からの最近の話から入りました。

音楽の強弱の付け方で、
「ピアノは女の子らしく、フォルテは元気よく男の子のように弾くのよ!」と伝えたら、
「え~?わかんない!私たちのクラスは女の子の方が元気いいもん!」と言われたという
ことがあってから、
「男らしさ」「女らしさ」というものは何かというのは、
時代が作ってきた何らかの流動的な固定概念であり、
生物学的に異なる男女の基本さを明らかに認めていく上で、
近年のキャラクターとしての男女についての同質性と類似性は、
必然の時流適応をすべきだと伝え、
そして、それを受け入れていけば、
す~っと見えてくる、林業・木材業の経営上のテーマを展開して、
私は「まとめ」講座を話しました。

また、
最近の「女性誌(anan、日経woman、FRAU、with、kunel等)」の内容を
女性比率の少ない林業業界とかけて説明。

金澤さんの話を受けて、
経営者としては、何をすべきかをまとめてみました。

現場の女性における課題を、
(たとえば、現場の安全性、トイレの快適性をどうするか)というところを、
単なる問題対処としてのハード整備だけにせず、
その事象についてのソフト面にいたる問題解決とし、
その問題解決は、会社の経営ビジョンと顧客創造における
マーケティング戦略の実行性にかかるものとなるようにすべきだと
まとめをさせて頂きました。

女性の為だけじゃない
それは男性の為にもなる。
そして社員の為だけじゃない。
それが強いては会社のためになるということですね。

それでも、(アンケートに)
女性という生き物がどうであるかという話の次は、
男性経営者が実際にどう女性をみているか男性の嗜好(思考)を
もっと知りたいと言う声があり、改めてまた自分の経営戦略のなかで、
今後は結婚・妊娠・子育てを経ていくなか、どういうキャリアをつくっていくかに、
やりやすい環境づくりの点で役に立てるようなソリューションを
出していきたいなと感じた次第です。

スポンサーサイト
編集 / 2016.11.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。