【だから、堂々、地域ビジネスをしよう。 】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【だから、堂々、地域(ローカル)ビジネスをしよう。 】


午前中の
とある会議。

・「若い君らは、遠慮してはならない。ドンドン提案し、動いて欲しい」
・「なにもせず、3年後、失敗だったということのほうが、恥ずかしい」
・「私は負けないぞとお互いに成長したいが、
  やはり地元の私たちだけでは、世界が狭い、勉強もしていない、アイディアも少ない」
・「君らがエンジン部分になりなさい。」
・「絵具も12色も混ざったら、真っ黒になる、
  みんながみんなの意見を聞くのでなく、明るく、若く、動く者たちで動けばいい」

Iターン者に対して、そう応援して下さる地元事業の経営者。
本当に心強いものです。

大きな目的を共有し、戦略(戦いを略し、)
いつまでに、何を、だれが、どのようにするか。

そんなあと、
商工会主催の、
楽しく、儲かる、をテーマに
経営分析セミナーの講師をさせて頂きました。

3時間。
テーマは以下で
アドリブで加えたものも多数あります。


・何のためにここで、事業(起業)をするのか。
・運がいい生き方とはなにか。
・理念と利益
・アルバイト→サラリーマン→ビジネスマン→経営者(事業者)とは何か。
・起業、家業、そして雇われ社長業の違い。
・時給→日当→月給→成果給→役員報酬の違い。
・会社の存在意義(機能)「今まで一番、嬉しかったこと」
・強みとは何か。
・売上の構成要素を分解し、アクションへ。
・100人に1人無料と、1%割引
・粗利益の本来的意味
・原価とは何か。
・販売費および一般管理費とは何か。
・なぜ、給料の3倍稼げといわれるのか。
・労働分配率、販売促進(広告宣伝費)率、開発研究費率について。
・「損金」とは何か、税金対策とは何か。
・赤字事業部(法人税を払えないヤツ)は道路を歩くなかれ(松下幸之助)
・3分でわかる損益分岐点。
・その新規店舗、ラーメンを何杯売ればいいか?
・10分でわかる決算書の読み方(損益計算書、貸借対照表)
・1秒でわかる会社の安全性
・ROEとは何か
・なぜ、事業計画が必要なのか
・顧客満足、投資支援、人材確保に向けた一歩とは。


などを事業者に対して、レクチャーし、参加型のクイズ形式で行いました。


「地域こそ、条件不利だと言わず、
 ビジネスをもっと堂々としたまえ」

それを感じた一日です。

民間事業者がいなければ、
すなわち、稼ぐ場所がなければ、
消滅自治体、消滅集落となる。

守るのか、攻めるのか、
攻めるのであれば、やることは明確です。

そして、私をもっと使い倒してくださいw。
私の周りにもたくさんの応援者がいます。
こんなプロがいないかと私に聞いてください、
引き出し出しまくりますし、それも使ってください。

スポンサーサイト
編集 / 2016.10.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ