【船乗りは星の位置、ヤマイキは山の位置    】

【船乗りは星の位置、ヤマイキは山の位置    】


ローカルネタですみません。

奈良県は、吉野郡、
大淀町あたりから、
国道169号を吉野川沿いに、東に向かう、すなわち、川上方面へ
といくと、富士山のような三角形の山が遠くに、
はっきりと見えます。

川上村にあんな山はないのに、なんだろう。
っと、川上村のある林業マンにきくと、

「高見山(東吉野村)かな」と教えて頂きました。

あの山は、どの位置から見ても、富士山のように、尖った形で見えるとのこと。

で、そのあと、スマホの地図(航空写真)を見ながら、
あっちこっちと色々な山を教えてもらい、

A山からは、晴れたら、実は、あべのハルカスが見える。
B山からは、桜井あたりが一望できる。
C山は、どこどこの施業の時に行ったが、裏側の道から行ける
D山は、●●所有者の山で、皆伐したところが広く気持ちがいい。
E山は、B山からみるとスゲー綺麗に見える!


等色々と教えて頂き、

山林仕事の時、
自分の位置を確認するために、
いつもあの山、この山の、見える方向をみてから、
自分の位置を確認するという、
仕事上のテクニックとして教えてもらいました。

地図を見ながら、その話を聞くだけで、楽しくて。
どこにどんな山があるとかも知っている彼との話は、面白い。

そういえば、
私の父が、船乗りで、
だだっぴろい海しかない場所では、
星の位置で、居場所を知るんだと、
良く教えてくれました。

林業の場合は、
それが山の形だったり、見え方だったり、
するわけですよね。

資源調査の部分でもそういう楽しみがあれば、
女性や若い人ももっとプランナーが増えるのではと
思ったのとともに、

そうだ、もっと、山へいこう。

知らぬ景色が待っている。
そうおもった缶ビールのお付き合いでした。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply